中長距離クルマ移動の「相乗り」ライドシェアの「ノッテコ」、「道路運送法」の対象外!

中長距離クルマ移動の「相乗り」ライドシェア、一定条件で「道路運送法」の対象外に、経産省が道路運送法の事業照会に回答
(トラベルボイス 2017年5月24日)
https://www.travelvoice.jp/20170524-89437
シェアリングサービスがまた一つ規制の壁を越えることとなった。
中長距離の相乗りマッチングサービス「ノッテコ」は、ガソリン代と道路通行料相当での相乗りを実現するサービス。
経済産業省は、「旅客自動運送事業に該当せず、道路運送法上の許可や登録を要しない」と結論を出した。
「ノッテコ」は、2007年にサービスを開始。現在の会員数は3万5000人以上、年間約6000ドライブが登録されているという。

【ポイント】

経済産業省は中長距離の相乗りマッチングサービスに関し、道路運送法上の規制の対象外との見解を発表した。
相乗りマッチングサービスのノッテコ(notteco)が、産業競争力強化法に基づく「グレーゾーン解消制度」を活用し、現在検討中の事業が道路運送法の「旅客自動車運送事業」に該当するか照会をしたことに対する回答。

ノッテコの事業は、同区間の移動を希望するユーザーをマッチングし、ガソリン代と道路通行料相当での相乗りを実現するサービス。
ドライバーが収受するのはガソリン代と高速道路料金などの道路通行料金相当を上限とし、費用の範囲内の金銭であることから、「旅客自動運送事業に該当せず、道路運送法上の許可や登録を要しない」とした。

「中長距離」の具体的な距離については明確な規定はないという。
東京23区内など短距離の場合は費用が少なく、事業としてのメリットが少ないことから、一定の距離が想定されるとの回答。

これにより、旅客自動車運送事業の位置づけが明確化。
実費を上限とするライドシェアは道路運送法に該当せず、事業が可能であることが確認された。

サービスを提供・利用する当事者には、事前に認識すべき項目として以下の3点を提示。
• 本運送は道路運送法上の規制の対象外であり、同法が定める輸送の安全及び利用者の保護のための措置が担保されているものではない
• 事故が生じた際の責任の所在
• 保険の加入状況
事業照会を行なったノッテコは、2007年にサービスを開始。2015年に株式会社nottecoとして法人化した。
現在の会員数は3万5000人以上、年間約6000ドライブが登録されており、毎月1000人~1500人ペースで会員数が増加しているという。