国際旅客チャーター便の2016年度実績は、5.6%増の4521便!

国際旅客チャーター、16年度は5.6%増の4521回

(トラベルビジョン 2017年6月1日)
http://www.travelvision.jp/news-jpn/detail.php?id=77843
2016年度の国際旅客チャーター便の実績は前年比5.6%増の4521便。94.9%を外国航空会社が占めている。
中国がダントツで、中国発が1537便、日本発中国行きが531便。伸び率も100%を超えており、ここにも中国人の勢いを感じる。
フリープラスも、将来は航空機部門を持ち垂直統合型の旅行会社を目指すと話されており、海外旅行におけるチャーター便の可能性を感じる。
【ポイント】
2016年度(16年4月~17年3月)の国際旅客チャーター便の実績は、便数は片道ベースで前年比5.6%増の4521便となった。
日本の航空会社によるチャーター便は38.1%増の232便、外国航空会社は4.3%増の4289便で、94.9%を外国航空会社が占めた。

チャーターの種類別では、包括旅行チャーター(ITC)は全体の99.4%を占める4493便で、日本の航空会社が225便、外国航空会社が4268便。
企業などが自社のために実施し費用を負担する「オウンユース・チャーター」は0.4%の17便で、日本の航空会社が7便、外国航空会社が10便。
企業などが団体旅行で利用し参加者が費用を負担する「アフィニティー・チャーター」は0.2%の11便で、すべて外国航空会社だった。

チャーター便のうち日本人が乗客となる日本発便は、中国行きが81.9%増の531便。ハワイ・マリアナ諸島行きが15.0%増の398便、欧州・ロシア行きが23.9%増の210便となった。

伸び率が最も高かったのは中国で、次いで北米が62.5%増の39便、欧州・ロシアとなった。
最も減少したのは香港で86.8%減の10便。以下は韓国が76.3%減の35便、タイが51.6%減の15便となった。

外国人が乗客となる外国発便については中国発が最も多く、39.2%増の1537便。2位は韓国で23.4%増の486便、3位は台湾で4.6%減の475.5便となり、16年の訪日外客数のトップ3と同様の順位となった。