世界の国際会議開催数で日本は5位、1位は韓国!

国際会議開催数で日本は5位、1位は韓国
(やまとごころインバウンドニュース 2017.06.07)

http://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/5405/
国際会議の規模などの基準により国際会議の統計は異なる。
別の統計によると、世界の中での2015年の国際会議開催件数は欧州6579件、アジア2993件、北米1417件と、圧倒的に欧州の開催件数が多い。
2015年に世界で開催された国際会議は12,076件です。日本は355件で、1位アメリカ、2位ドイツ、3位イギリスになる。
日本国内での開催は、1位:東京(557件)、2位:福岡(363件)で、関西は4位:京都(218件)、7位:大阪(139件)、8位:神戸(113件)と、関西での開催が少ないです。
この統計によると韓国が急浮上しているところが特徴です。シンガポールも統合型リゾート(IR)の影響で、上位の常連国になっています。
【ポイント】
国際組織団体等に関する調査を行う国際団体連合(UIA)が、「国際会議統計報告書」を発表した。

2016年、日本では523件の国際会議が開催され、世界ではフランスと並んで5位だった。
1位は997件の韓国で、初めて首位にたった。2位は953件のベルギー、3位は888件のシンガポール、4位はアメリカで702件。
日本は2014年から3年連続の5位をキープしている。
韓国は、2014年には636件で4位だったが、2015年に891件と飛躍的に伸び、アメリカに次いで2位につけていた。
2014年から2年連続で1位だったアメリカは、今回4位に順位を落とした。

都市別では、906件のブリュッセルが1位で、2位は888件のシンガポール、3位が526件でソウル、4位が342位のパリ、5位は304件でウィーン、東京が225件で6位になった。
UIAの「国際会議統計報告書」
International Meetings Statistics Report 58th edition, published June 2017