【図解】訪日外国人数、上半期累計が1300万人を突破、2017年6月は18.2%増の234万6500人!

【図解】訪日外国人数、上半期累計が1300万人を突破、2017年6月は18.2%増の234万6500人に(速報)
(トラベルボイス 2017年7月19日
https://www.travelvoice.jp/20170719-93434


今年、1月からの上半期に毎月200万人越えの外国人が訪日している。
6月の訪日外国人数は234万6500人。上半期累計は1375万7000人と過去最高を更新している。

訪日観光客の増加が航空機の座席数を伸ばし、航空機の座席数が増えたことでさらに観光客数が増加している。
韓国が6割増超えと驚異的な伸びを示している。その分析の中で「日本が初めてという若者が増えている」というのは嬉しい傾向だ。
政治情勢に関係なく同じアジアの隣人として、日本を好きになる方を増やしていきたいものだ。


【ポイント】
2017年6月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比18.2%増の234万6500人。
1月からの上半期累計は前年比17.4%増の1375万7000人となり、主要20市場すべてが過去最高となった。

航空座席の供給量増などが奏功したと分析。
特にLCCが増加する韓国市場が6割増超えの好調な伸びで訪日旅行者数の増加をけん引していることや、日本が初めてという若者が増えてきている分析もある。
イスラム圏の断食明け大祭休暇や学校休暇などにフォーカスした訪日プロモーションや、クルーズやチャーター便の就航などが寄与した。

6月のトップは中国で前年比0.8%増の58万7200人。韓国は前年比63.8%増の56万8900人。台湾が9.0%増の43万3600人、香港が23.7%増で20万1800人。
これら4か国・地域で全体の76.3%を占めた。

上半期累計の最高は、前年比42.5%増の韓国で339万5900人。次いで中国が6.7%増の328万1700人、台湾が6.1%増の228万8000人、香港が24.8%増の108万3400人。
伸び率ではインドネシアが44.9%増、ロシアが40.6%と顕著な伸びを示した。