北米最大のアニメイベント、来場者の9割が「日本でパチンコをしてみたい!」

北米最大のアニメイベント、来場者の9割が「日本でパチンコをしてみたい」
(やまとごころ 2017.08.10)
http://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/6625/


日本版カジノこそ「パチンコ」との意見もある。

北米最大のアニメイベント「アニメエキスポ2017」の来場者へのアンケートで、「パチンコ・パチスロを知っていた」が57%。
来場者の91%が「日本に来たらパチンコ・パチスロをやってみたい」と回答している。
光や音、液晶を使った演出に、ポップカルチャーが融合した日本ならではの文化として関心が寄せられているようだ。
今後の動向にも注目していきたい。


【ポイント】
アメリカ・ロサンゼルスで、北米最大のアニメイベント「ANIME  EXPO  2017(アニメエキスポ2017)」(7月1日〜4日)が開催された。
アミューズメント系総合企業の株式会社マルハンは「パチンコ・パチスロブース」を出展した。
ブースで遊技体験した来場者にアンケートを行ったところ、91%の来場者が「日本に来たらパチンコ・パチスロをやってみたい」と回答した。

「パチンコ・パチスロを知っていたか?」との質問に対し、「はい」と答えた来場者は半数以上の57%にも上った。

アンケートの自由記述では、「映像が綺麗。カラフルでピカピカするのが素敵」「ピンボールみたいだけど、西洋のゲームとかなり違っていて面白い」「アメリカのスロットよりも面白い」といった感想が寄せられている。
パチンコやパチスロは、海外でも人気の高いゲームやアニメ、マンガをコンテンツに取り入れているため、認知度向上につながっているようだ。
「玉を弾く」というクラシカルな遊技方法に、光や音、液晶を使ったギミックや演出が合わさり、日本のポップカルチャーと伝統、テクノロジーが融合した日本ならではの文化として関心が寄せられている。
現在では、インバウンド対応型のパチンコ店も登場するなど、訪日客を誘引する「日本発の文化」として、今後の動向にも注目していきたい。