人民元上昇が国慶節連休の海外旅行にも好材料!

人民元上昇が国慶節連休の海外旅行にも好材料に
(Record China 2017年9月5日)
http://www.recordchina.co.jp/b189497-s10-c20.html
対ドルレート上昇、元高が、海外旅行の節約につながり、コストパフォーマンスを高めることは確かだ。
対日本円レートは昨年に底を打ってから約10%上昇しているという。
最近、また円高傾向に進んでおり、為替レートには観光関係者は頭を悩まされる…
【ポイント】
世界の為替相場で大きな変動が起きており、米ドル指数が大幅に低下している。
8月31日の人民元の対ドルレート基準値は1ドル6.5918元で、昨年9月22日以来の対高値を更新した。
中国人の海外旅行にとって好材料だと、「国際商報」が伝えた。

国慶節(建国記念日、10月1日)の長期連休になると、海外旅行価格は通常よりかなり値上がりし、今年も例外ではない。
今年も海外旅行の価格は、航空券やホテルなどの観光資源が供給不足で価格が跳ね上がり、海外ツアー商品の価格は全体として夏休みの繁忙期よりも10%ほど高くなっている。
元高が、コストパフォーマンスを高めることは確かだ。
対ドルレートも対香港ドルレートも5%近く上昇し、対マレーシアリンギットレートは2015年に次ぐ高値を記録した。対エジプトポンドレートは2倍上昇し、英ポンドレートは1ポンド8.58元前後で、09年の11.6元に比べて26%値下がりした。
対日本円レートは昨年に底を打ってから約10%上昇し、今は昨年10月以降で最もお得な時期だ。

夏休みの繁忙期が終わり、徐々に近づく国慶節が再び観光消費の新たな波を起こし、海外旅行も次のピークを迎えるとみられる。
現在のレートから考えて、国慶節連休の海外ショッピングでは香港が最も人気を集めると予想される。

国慶節連休には、香港のほか、英国、米国、エジプト、日本、マレーシアなどが人気の海外旅行先になる見込みだ。