「Airbnb」の、2017年夏の利用が約4500万人!

民泊「Airbnb」、2017年夏の利用が約4500万人に、中国・杭州市は昨年の5倍に急増

(トラベルボイス 2017年9月13日)
https://www.travelvoice.jp/20170913-96275
「Airbnb」の2017年夏3ヶ月間の全世界の宿泊者数は4500万人。単純計算による年間宿泊者数は1億8千万人となる。
世界の動向を見ると、家族旅行も、ビジネス利用も増加傾向にあり、宿泊業界は無視できないところまできているようだ。
人気が急上昇している地域の上位も中国だという。中国の民泊仲介サービスとともに伸びているということか。
【ポイント】
「Airbnb」の2017年夏(2017年6月1日~8月31日)3ヶ月間の、予約実績による全世界での宿泊者数は4500万人。
そのうち家族旅行での宿泊者が800万人。1人1泊あたりの平均宿泊料金(訪米した家族旅行の場合)は約50ドル(約5500円)。
8月12日には1日で260万人が宿泊し、Airbnb史上最高となった。
人気が急増したのは中国で、トップは杭州市で前年比495%。次いで長慶市(同388%)や武漢市(同371%)。
4位にはキューバのビニャーレス(同347%)、5位はフィリピンのパトゥート(同274%)。上位16位に日本の都市は含まれなかった。

人気が上昇した都市・上位16は以下のとおり。

• 杭州市(中国):495%
• 長慶市(中国):388%
• 武漢市(中国):371%
• ビニャーレス(キューバ):347%
• パトゥート(フィリピン):274%
• コタキナバル(マレーシア):214%
• トリニダード(ベリーズ):213%
• 深セン(中国):193%
• フォルタレザ(ブラジル):192%
• クルジュ=ナポカ(ルーマニア):187%
• プタリン・ジャヤ(マレーシア):185%
• ダナン(ベトナム):182%
• エンセナダ(メキシコ):179%
• サレー(カナダ):175%
• フォート・ウィリアム(スコットランド):156%
• ロトルア(ニュージーランド):154%
家族に人気があった旅行先のトップは、アメリカ、フランス、イタリア、スペインなど欧米圏に集中。
遊園地や動物園、自然保護区といった、家族が一緒に楽しむことができるアトラクションがある地域の人気の増加傾向がみられた。

体験プランではその土地に応じた様々なプランに人気が集まった。
アムステルダムではアート&文化発掘サイクリング、マイアミでは「サルサダンスのレッスン」、プラハでは世界遺産の都でのカヤックツアーなどのツアーが注目された。

 

日本では東京での剣術レッスン「サムライ剣術体験」が人気だったという。