中国人が日本を「子連れ海外旅行先」に選ぶ理由!

親たちからのリアルな声・・・中国人が日本を「子連れ海外旅行先」に選ぶ理由=中国ネット
(Sear China 2017-09-27)
http://m.news.searchina.net/id/1644774


中国人が訪日旅行をするのは、距離が近いことと、独特の民族文化を持つ先進国だからだという。
また日本は、水道からの水を安心して飲むことができ、必要な食料でも紙おむつでもすぐ手に入る。エレベーターやスロープなども整っていて、ベビーカーを押していても歩きやすく、家族旅行をしやすい国「日本」ということも大きいようだ。
訪日観光も、日常から離れたものではなく、日常の連続という視点が必要だ。


【ポイント】
急速な経済成長を遂げ、都市部の暮らしが豊かになった中国では、小さい子連れの国外旅行を楽しむ人が増えているようだ。
中国の質問サイト・悟空問答にこのほど、「なぜ親子旅行の目的地として多くの人が日本を選ぶのか」という質問スレッドが立ち、複数のユーザーが回答を寄せている。 

「もちろん、日本がわが国から近いうえ、独特の民族文化を持つ先進国だから」
「地の利」については「海を跨げばすぐに着くという近さと手軽さがある。近いゆえに飛行機だけでなく海路での渡航も可能であり、選択肢がある点が親子旅行に適している」とした。 

「親が子どもを連れて海外旅行に出かけようと思えば、きっと特徴があって楽しい場所を選ぼうとする。日本は韓国やタイといった周辺国に比べて一定のアドバンテージを持つ」
「よその子やその親に見劣りしないように、親は子どもたちにいい場所へ連れて行こうとする。その点でも日本はいい選択なのだ」 
「日本は歴史文化を完全な形で残している。われわれにはできなかったことだ」として、文化的な価値も非常に高いことも指摘している。
「もちろん、多くの親はそこまで多くのことは考えておらず、ブームに乗って日本旅行を選んでいるだけ、ということもある」と結んだ。 

小さな子どもを連れての旅行で一番気になるのは、トラブルなく快適に旅を楽しむことができるかどうか。
日本の距離的な近さはもちろんのこと、ハード面での充実や周到なサービスが、子連れの中国人観光客に安心感を抱かせているようである。