航空旅行の満足度はデジタル化がカギ、スマホにパスポート搭載希望は8割!

航空旅行の満足度はデジタル化がカギ、スマホにパスポート搭載希望は8割、搭乗手続きのセルフ方式希望は7割 ―IATA(国際航空運送協会)調査
(トラベルボイス 2017年12月4日)
https://www.travelvoice.jp/20171204-100506


スマホの普及が、空港における手続きも簡便になるようデジタル化の要望があるようだ。
デジタルパスポートも今後の検討課題になるのだろうが、不正アクセスなど負の面もあり、安易な移行には慎重でありたい。
ただ、国際観光客数が伸びるなかで、旅行者の負担を下げる取り組みは重要だ。


【ポイント】
IATA(国際航空運送協会)の2017年度グローバル旅客調査。
世界152か国以上の1万675人(有効回答数)の旅客に、飛行機で移動する際の不満や要望を聞いたもの。

「自分のスマートフォン上にデジタル・パスポートを搭載し、航空券の予約から空港での手続きまで、可能な限りすべての渡航関連手続きをこれで済ませたい」(82%)
旅行関連の認証トークンには、生体認証システムを挙げる人が64%だった。

「自分で自分の荷物にタグを付けたい」(68%)と答え、「電子タグ」が多く挙がった。
「荷物を預ける際もセルフ・ドロップ方式がよい」(48%)と回答した。

「入国審査の自動ゲートやキオスク端末を利用したことがある」と答えた人は、2016年の調査より6%増加し、全体の58%に達し、満足度も90%と上々。
「搭乗時の手続きも自分で済ませたい」との声も多数を占め、72%がセルフ方式を希望。前回調査より2%増となった。

「旅行中、航空会社や空港から、各種情報を随時、アップデートしてほしい」との要望が高かった。
「自分の利用便の運航状況」(85%)、「自分の荷物のトラッキング」(50%)を希望。
「空港内で過ごす際に役立つ情報がもっと欲しい」との回答も目立つ。「セキュリティや出入国手続きでの待ち時間」(51%)、「到着時の入国管理での待ち時間を知りたい」(58%)と、前回調査より17%増となった。

旅客が直面する問題や煩雑さの解消には、「リアルタイム情報の提供が役立つ」(63%)と指摘。
情報伝達の手段は、「SMSメッセージング」が引き続き最も支持される一方、「スマートフォンのアプリ」が28%、「メール」が26%となった。

「苦痛に感じること」では、空港でのセキュリティ検査と出入国管理の2つに意見が集中。
「個人的な所有物であっても容赦なく手をつける無遠慮さ」(60%)、「電子デバイスを手荷物の中から出し、広げて見せなくてはいけない不便さ」(52%)、「空港によってセキュリティ手続きがバラバラであること」(47%)となった。

使用するデバイスは、42%が自分のデバイスを持ち込んで利用できる「BYOD(Bring Your Own Device)」を希望。機内エンターテイメントも自分の端末からアクセスして楽しみたいと考えている。

IATAは、「旅客が航空会社と空港に対し、使いやすいモバイル・サービス、セルフ方式で済ませられる選択肢の増加、セキュリティ検査のワンストップ化などを求めていることが鮮明になった。しかし、これは産業界だけでは実現できない。各国政府のサポートと、古い規制の改革が不可欠になる」と訴えた。