2017年11月の訪日外国人数は26.8%増の237万7900人、今年の累計は2616万人超!

【図解】訪日外国人数、2017年11月は26.8%増の237万7900人、1月からの累計は2616万人超で過去最高に

(トラベルボイス 2017年12月20日)
https://www.travelvoice.jp/20171220-102699
11月の訪日外国人数は237万7900人。1月からの累計は2616万9000人となった。
単純計算で、2017年の累計は2850万人になるようだ。
国別の訪日外国人は、韓国が引き続き好調で62万2600人(45.8%増)と、2位の中国56万7100人(31.0%増)を上回った。
日本の紅葉シーズンの人気はホンモノになってきたようだ。
【ポイント】
2017年11月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比26.8%増の237万7900人。11月として過去最高。
1月からの累計は、前年比19.0%増の2616万9000人となった。
11月のトップは韓国62万2600人(45.8%増)を記録。2位は中国56万7100人(31.0%増)、3位は台湾36万3200人(20.8%増)、4位は香港17万2900人(13.5%増)。これら東アジアの4か国で72.8%を占めた。
東南アジアとインドの合計で全体の12.7%、欧米豪市場の合計の11.1%を超えた。

ビザ緩和の効果でロシアが引き続き好調。
調査対象である20市場のうち、インド以外のすべてで11月として過去最高を記録。
1月からの累計では、8市場(中国、台湾、フィリピン、インド、アメリカ、カナダ、ドイツ、スペイン)ですでに昨年の年計を達成し、過去最高となっている。

11月は訪日クルーズや航空路線拡充、紅葉シーズンの訪れなどに加え、各市場で需要獲得に向けたプロモーションも奏功。それらが相まって訪日外客数全体の堅調な伸びをけん引した。