訪日外国人消費額が年間4兆円超え、1人当たり支出額は1.3%減の15万3921円!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪日外国人の消費総額が初の年間4兆円超えに、中国が全体の4割、1人当たり支出額も中国の23万円
(トラベルボイス 2018年1月16日)
https://www.travelvoice.jp/20180116-104123


2017年の訪日外国人消費額は前年比17.8%増の4兆4161億円と、初の4兆円超えになった。
一人当たりの旅行支出は1.3%減となり15万3921円で”爆買い”こそ遠のいたが、2017年も「買い物代」が最多の1兆6398億円(構成比37.1%)と堅調だ。
欧米は旅行消費額こそ少ないが、欧米の平均泊数は長い。米国で13.8泊、フランス15.7泊となり、ロシアは19.7泊、インドに至っては23.1泊となり、長期化の方向に向かっている。
日本の地方にも外国人旅行者が見られるようになってきた。日本の魅力が伝わるのはこれからかもしれない。


【ポイント】
2017年の訪日外国人消費額(速報)は前年比17.8%増の4兆4161億円。
年間値は5年連続で最高となり、一人当たりの旅行支出は1.3%減の15万3921円。

中国が全体の38.4%を占める1兆6946億円でトップ。次いで台湾が5744億円(全体の13.0%)、韓国が5126億円(同11.6%)、香港が3415億円(同7.7%)、米国が2503億円(同5.7%)と続き、これら5か国で全体の76.4%に至った。

一人当たりの旅行支出が最も多いのも中国(23万円)。次いで、オーストラリア(22万6000円)、イギリス(21万5000円)、スペイン(21万2572円)、フランス(21万2443円)。ただし、これら上位国のうち、中国、オーストラリアは前年比マイナスで推移。一方、イギリスは18.5%増、フランスは12.4%増と拡大傾向がみられた。

費目別にみると、2017年も「買い物代」が最多(1兆6398億円、構成比37.1%)だが、飲食費(8856億円、構成比20.1%)とともにわずかに前年よりも減少。一方で、宿泊費(1兆2451億円、構成比28.2%)、娯楽サービス費(1439億円、構成比3.3%)は微増となった。