ブッキング・ドットコム、クチコミ高評価の世界の宿泊施設を発表!

ブッキング・ドットコム、クチコミ高評価の世界の宿泊施設を表彰、日本の受賞施設が大幅増加
(トラベルボイス 2018年1月30日)
https://www.travelvoice.jp/20180130-104756


ブッキング・ドットコムにおける世界の受賞国の1位はイタリア8万1603軒、2位フランス3万3500件、3位アメリカ3万502件と、上位10の国は欧米諸国だった。

日本の宿泊施設は6287軒にすぎないという。
日本の宿泊施設のうち上位を占めたのは「旅館」だ。これから日本の「旅館」の評価が高まるのかもしれない。


【ポイント】
ブッキング・ドットコムの1億4000万件以上のクチコミをもとに、素晴らしいサービスを提供する宿泊施設を表彰。
世界218か国地域のなかから54万9937軒を選出した。
このうち日本の宿泊施設は6287軒が選出、前年の3948軒から大幅に増加したという。

クチコミスコアが10点満点だった施設は6軒。受賞施設の平均スコアは8.6で、全世界の平均8.8よりやや低い。
日本の受賞施設のなかから、クチコミ数が多く、高得点を獲得し、施設の画像が揃う施設をピックアップして発表。「ザ・リッツ・カールトン沖縄」のような高級ホテルから「旅籠 桜」のような旅館、ヴィラ、カプセルホテルまで、幅広いラインナップの施設が9.0以上の高スコアを獲得し、10施設を発表した。

世界で最も多くの受賞施設を獲得した国はイタリアで8万1603軒。3位のアメリカを除き、上位10の国は欧州だった。

今回のアワードでは、アパートメントタイプの受賞施設が全体の約3割となり、初めてホテルを上回った。
「2018年はホテルよりもバケーションレンタルタイプの施設に滞在したい」との回答者が全体の33%に及んだという。

回答者の4割が、今までに滞在したことのないタイプの施設への宿泊意向を示しており、多種多様な宿泊施設への需要と興味は根強いと指摘している。