世界27か国で聞いた海外旅行者の意識調査、海外でネット接続は88%!

世界27か国・地域で聞いた海外旅行者の意識調査、海外でネット接続は88%、タクシー乗合いアプリ活用は44%に
(トラベルボイス 2018年2月19日)
https://www.travelvoice.jp/20180219-105606
ビザの「世界旅行意識調査」でも、日本が渡航先でトップになったようだ。
アジア太平洋地域からの旅行者が顕著に増加しているからであって、欧米人との人気とは違う。
旅行期間は、グローバル平均で10泊から8泊に減少しているといい、旅行計画は平均2.5回から2.7回に増加ともいう。
1 回の海外旅行に費やす金額は平均1793 米ドルで、今後の旅行出費は増えると予想されている。
【ポイント】
ビザが、27国・地域からの「2017年の世界旅行意識調査」によると、世界において過去2年間で旅行者に人気の高かった渡航先は日本がアメリカを抜いてトップとなった。
ただし地域的な偏りが見られ、特にアジア太平洋地域からの旅行者が顕著になっている。
アメリカの旅行者の間ではヨーロッパ大陸が人気だが、メキシコ、カナダ、日本も訪れたい渡航先となっている。
旅行期間は、グローバル平均で2013年の平均10泊から8泊に減少した。
一方、世界中で旅行計画が増加しており、過去2年間の平均2.5回に対し、今後2年間の旅行計画は2.7回に増加。
過去2年間の旅行回数はアメリカ大陸がトップで、2017年の平均は3.2回だった。

旅行先でテクノロジーを活用する人も増加、旅行者の88%が海外でオンラインにアクセスし、半数近く(44%)が、渡航先でライドシェアアプリを活用している。

全旅程の出費額ではサウジアラビアがトップで、次いで中国、オーストラリア、アメリカ、クエートが上位5 位。
海外旅行者が1 回の旅行に費やす金額は平均1793 米ドル。
今後の旅行では出費が増えるとしており、アジア太平洋地域での増加率は45.68%と最大となっている。