京都市のホテル宿泊者で外国人シェアが4割超え、中国人が2年連続で最多!

京都市のホテル宿泊者で外国人シェアが4割超え、2017年12か月間で、中国人が2年連続で最多に

(トラベルボイス 2018年3月1日)
https://www.travelvoice.jp/20180301-106859
京都市内の主要36ホテルにおける外国人宿泊客が40.5%となり、初めて4割を超えた。
4月が50.9%を記録したほか、7ヵ月にわたって4割超えとなった。
中国が1位で23.9%、2位は台湾で18.0%、3位は米国の12.5となり、アジア人のウェートが高まっている。
客室稼働率は88.8%で、閑散期の1月も75.7%となり、春秋の繁忙期との差もより縮小したようだ。
【ポイント】
京都市の2017年の外国人客宿泊状況によると、12ヵ月すべてで外国人の利用割合が過去最高を更新。
日本人を含む客室稼働率はほぼ前年並みの88.8%だったが、外国人利用割合は3.2ポイント増の40.5%と、初めて4割超えとなった。
中国が前年比1.4ポイント増の23.9%で2年連続1位。次いで、台湾(2.3ポイント減の18.0%)、アメリカ(0.5ポイント減の12.5%)、韓国(1.4ポイント増の5.0%)と続いた。
外国人利用割合の月別推移では、4月に初の5割超えを記録したほか、7ヵ月にわたって4割超えとなった。

京都の36ホテルでは、外国人客の実人数の増加幅が4.5ポイント伸びた一方で、日本人客は4.8%減と前年割れ。外国人客が早い時期から宿泊予約をおこなうため、日本人が宿泊しにくい傾向が続いた。

同調査は、京都市内の主要ホテルを対象とするサンプル調査であり、その他ホテルや旅館、簡易宿所、いわゆる民泊などへの宿泊者は含まれていない。
調査対象は36 施設 9361 室で、市内ホテルの客室ベースで約 4 割を網羅している。