Airbnb 2017年の女性ホストの収益が200億ドルに到達!

Airbnb「国際女性デー」の発表。2017年の女性ホストの収益が200億ドルに到達

(MINPAKU Biz  2018.03.08)
http://min-paku.biz/news/airbnb-international-womens-day-0308.html
Airbnbの女性ホストの2017年の収益が約200億ドル(約2兆1,097億円)を達したという。ホームホストの55%、体験ホストの50%が女性だといい、女性の活躍が広がっている。
Airbnbの体験サイトは優れている。体験ホストの個性が前面に出されて、個人のおもてなしを紹介するスタイルが前面に出ている。この半年のうちに体験数も大幅に増た。
https://www.airbnb.jp/s/experiences?refinement_paths%5B%5D=%2Fexperiences

 

【ポイント】
Airbnbは、2017年に女性ホストの収益が約200億ドル(約2兆1,097億円)となったことを発表した。
2008年の女性ホストの収益が通算100億ドル(約1兆548億円)を超え、その後、女性ホストによる運営が活発化したことで200億ドルの収益が達成された。
ホームホストの55%、体験ホストの50%が女性であり、ホスト自らのスキルや近隣地域、文化を世界中のゲストと共有することで、多くの女性が起業家として活躍している。
とりわけアメリカの女性ホストは2017年には約30億ドル(約3,164億円)の収入を得ている。

各国の女性ホストの比率をみると、ニュージーランドが70%、南アフリカが63%、イギリスが62%と、女性ホストが男性ホストの数を上回っている。
日本も例外でなく、女性のホームゲストは2017年に13%増加し、全体の42%を占めている。
体験ホストの数もアジアでトップを誇り、44%が女性だ。日本でも宿泊施設や体験を提供する女性は年々増えており、最近では空き部屋の活用に限らず、起業や副業、第二のキャリア、地方創生を目的とした体験の提供など、幅広くサービスを提供している。

世界で活躍する女性ホストとして、東京東部を自転車でめぐり、ゲストに日本伝統の職人技等を案内するkaoruさんや、韓国の伝統的な料理を取り入れた家庭料理を提供するYang Chulさん、インドのニューデリーで地元民ならではの買い物の楽しみ方を教えるParulさん、オーストラリアの伝統文化であるミルクバーを夫婦で伝えるJessicaさんなどがピックアップされた。
世界のあらゆる分野で女性が活躍している昨今、「人をもてなしたい」「地方創生に役立てたい」「起業を目指している」といった思いから活躍する女性が多い。