訪日外国人数、2018年2月は23.3%増の251万人 春節で中華圏が大幅増!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図解】訪日外国人数、2018年2月は23.3%増の251万人、旧正月効果で中華圏が大幅増 ―日本政府観光局(速報)

(トラベルボイス 2018年3月20日)
https://www.travelvoice.jp/20180320-107884
今年の春節が2月16日になった影響で、2月の中華圏の訪日客が急増した。
1位は中国40.7増71万6400人、2位は韓国18.1%増70万8300人、3位は台湾16.9%増40万900人、4位は香港26.9%増17万8500人。
今年の花見も訪日客が大幅に増加する見通しだ。
【ポイント】
2018年2月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比23.3%増の250万9300人。
前年同月(203万6000人)よりも47万人以上うわ回り、2月として過去最高を記録した。
1位は中国で、2月は前年比40.7増71万6400人。2位は韓国18.1%増70万8300人、3位は台湾16.9%増40万900人、4位は香港26.9%増17万8500人。
昨年は1月だった旧正月休暇が今年は2月になった影響で中華圏が大幅増を記録。
特に中国は、クルーズ需要やビザ発給要件緩和に伴いFIT(個人旅行)が拡大し、これら東アジア4か国・市場で全体の8割を占めた。

そのほか、シンガポールとマレーシアも前年比3割増以上、ロシアは28.0%増、英国は25.5%増。調査対象の20市場すべてで2月として過去最高となっている。

JNTOによれば、2月は訪日クルーズや航空路線拡充などに加え、各市場で需要獲得に向けたプロモーションが引き続き功を奏し、訪日意欲を喚起したとしている。