ドラッグストアのインバウンド消費、2月は「ピーチフレーバー」が人気!

ドラッグストアのインバウンド消費、2018年2月は「ピーチ」商品が人気

(やまとごころ 2018.04.02)
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/22707/
インバウンドが買う商品も毎年大きく変化している。
ドラッグストアのPOSデータの2018年2月のインバウンド消費動向によると、ピーチフレーバー人気がうかがえるという。
訪日客の大半を占める中国では「桃が不老長寿の象徴で縁起が良い」ため選ばれるようだ。
ドラッグストアにおけるインバウンド購買件数は前年同月比25.6%増。会計1回あたりの購買単価は14,668円だそうだ。
【ポイント】
ドラッグストアのPOSデータから2018年2月のインバウンド消費動向によると上位5位は次の通り。
1位:DHC薬用リップクリーム
2位:サンテFX ネオ
3位:龍角散ダイレクト スティック ピーチ
4位:ロイヒつぼ膏 RT156
5位:UHA味覚糖 コロロ グレープ

今回のランキングで、「龍角散ダイレクト スティック ピーチ」が調査開始以来初めてトップ3に入った。
「龍角散ダイレクト」はピーチが3位、ミントが7位だった。25位の「ニベア」のリップクリームもピーチフレーバー。菓子の「蒟蒻畑」もインバウンド客にはピーチ味が一番人気だ。
日本国内の順位では、ピーチよりも「ミント」や「無香料」の順位が高い。
「ピーチフレーバー」がその他より人気が高い傾向にある。
「訪日外国人客の大半を占める中国では、桃は不老長寿の象徴で縁起が良いため選ばれるのでは」と説明。

2月のドラッグストアにおけるインバウンド購買件数は前年同月比で25.6%増と大幅に増加した。
会計1回あたりの購買単価は全体平均の1,736円に対し、インバウンド消費は14,668円と大きな影響力を持っている。
観光庁の訪日外国人消費動向調査(2017年7月〜9月期)によると、訪日客全体の66%、「中国・台湾・香港」では平均84%がドラッグストアで買い物をしている。
※ 購買ビッグデータを分析する株式会社True Dataによる調査