訪日外国人数、2018年3月は18.2%増の261万人、イースター休暇で欧米豪も好調!

【図解】訪日外国人数、2018年3月は18.2%増の261万人、イースター休暇効果で欧米豪が好調 ―日本政府観光局(速報)
(トラベルボイス 2018年4月18日)

https://www.travelvoice.jp/20180418-109521
2018年3月の訪日外国人数は260万7900人。昨年7月に次ぐ数字となった。
韓国が61万9200人で、中国の59万4900人を上回って3月もトップ。訪日韓国人の勢いが止まらない。
今年12月までの累計が3000万人を超えることは間違いなさそうだ。
【ポイント】
2018年3月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比18.2%増の260万7900人。
前年同月(220万5700人)よりも40万人以上うわ回り、3月として過去最高を記録した。
1位は韓国で、3月は前年比26.8%増の61万9200人を記録。2位の中国は16.9%増の59万4900人、3位の台湾は14.0%増の38万7300人、4位の香港は19.0%増の19万5700人。

昨年は4月中旬だったイースター休暇が今年は3月末から始まった影響で、欧米豪市場を中心に訪日需要が好調。特に米国(15.3%増の15万1000人)、カナダ(18.6%増の3万4900人)、ドイツ(11.1%増の2万4900人)は単月として最高を記録。
調査対象市場のうちインドネシア以外の19市場すべてで3月として過去最高となった。

3月は新規就航や増便、チャーター便といった航空路線拡充に加え、日本の春の魅力を訴求したプロモーションも功を奏し、訪日意欲を喚起したとしている。