インバウンド客に人気の”する”スポーツは「スノースポーツ」「登山」「ウォーキング」!

インバウンド客に人気の「スポーツ観光」は? タイ人旅行者はスキーやサッカー、中国人は武道

(トラベルボイス 2018年4月18日)
https://www.travelvoice.jp/20180418-108184
訪日外国人の”する”スポーツでは、「スノースポーツ」「登山・ハイキング」「ウォーキング」の意向が高いようだ。
”みる”スポーツでは、「大相撲」 「武道(柔道、空手、剣道、合気道など)」が人気となっている。
また、「スノースポーツ」は ”みる”スポーツでも意向が高い。
”する”スポーツ、”みる”スポーツともに数そのものは多くなくとも、希望する人がいることも認識がいる。
【ポイント】
スポーツ庁は、中国、韓国、台湾、香港、アメリカ、タイ、オーストラリアの、直近3年以内に訪日経験がある外国人に、スポーツツーリズムに関する調査を行った。
日本で経験してみたい「する」スポーツツーリズムでは、スキーやスノーボードなどのスノースポーツや、登山・ハイキング・トレッキング、ウォーキングなどの自然を一緒に楽しめるスポーツへの意向が高かった。

日本で経験してみたい「みる」スポーツツーリズムでは、大相撲や柔道、空手、剣道などの武道、スノースポーツなど。スノースポーツは、「する」「みる」の双方で経験してみたいスポーツとして人気が高かった。

中国は、経験してみたい「する」スポーツは、登山・ハイキング・トレッキング(37.0%)、「みる」スポーツは武道(50.7%)。
有名な観光スポット(48.7%)や日本ならではの食事(42.7%)と合わせて楽しむことを期待しており、指導や交流(17.3%)、スポーツ用品やウェアの購入(23.0%)は低かった。

タイは、経験してみたい「する」スポーツツーリズムは、スノースポーツ(42.3%)、サイクリング(37.7%)が人気。「みる」スポーツツーリズムではサッカーが34.3%で3番目に人気が高いが、男性に限ると52.7%と突出した。

情報収集は、検索エンジンが最も多く、旅情報番組や旅行雑誌・旅行ガイドブック・フリーペーパー、友人知人のクチコミも多い結果となった。
タイではToutube等の動画サイトが36.6%
韓国では個人のSNSやブログ(35.7%)が友人の知人とクチコミと並んでトップ。
中国では、旅行会社の公式インターネットサービス(36.3%)が多かった。

• スポーツ庁「スポーツツーリズムに関する海外マーケティング調査分析資料」
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/019_index/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2018/03/23/1402586_00003.pdf