観光庁、国際MICEの経済波及効果を初算出、1兆円の効果!

観光庁、国際MICEの経済波及効果を初算出、1兆円の効果。外国人参加者の平均支出は33万円に

(観光庁プレスリリース 平成30年4月18日)

http://www.mlit.go.jp/common/001231979.pdf

平成 28 年の国際 MICE 全体の総消費額は約 5,384 億円、経済波及効果は 約 1 兆 590 億円、雇用創出効果は約 96,000 人分、税収効果は約 820 億円だという。
国際会議はヨーロッパ開催が半数を占め、アジア・ 中東地域、北米地域が続く傾向に変化は見受けられず、 「医学」、「技術」、「自然科学」が圧倒的に多いようだ。
国際MICEは、国際交流の域にとどまらず、経済効果も高いので、取り組む自治体が増加している。
【ポイント】
観光庁は、平成29年度の国際MICEによる経済波及効果(平成 28 年開催分)を初めて算出した。
※ MICEとは、企業会議(Meeting)、企業の報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会・イベント(Exhibition/Event)を総称。
※ JNTO(日本政府観光局)による国際会議の定義は、「参加者総数50名以上」「日本を含む3ヶ国以上が参加」「1日以上開催期間」の条件を満たした会議。

平成 28 年の国際 MICE 全体の総消費額は約 5,384 億円、経済波及効果は 約 1 兆 590 億円と推計。
国際 MICE の開催及びこれに伴う経済活動により生じた雇用創出効果は、我が国全体で約 96,000 人分、税収効果は約 820 億円と推計。
1.国際 MICE 全体による経済波及効果の内訳
・企業会議:約 1,614 億円 ・報奨・研修旅行:約 569 億円 ・国際会議:約 6,789 億円 ・展示会 :約 1,618 億円
⇒合計は約 1 兆 590 億円
⇒国際会議の経済波及効果は前年(約 5,905 億円)に比べ 15%増加

2.国際 MICE 全体の総消費額の内訳
・外国人参加者総消費額:約 1,059 億円 ・日本人参加者総消費額:約 1,085 億円 ・主催者総支出額 :約 2,395 億円 ・出展者総支出額 :約 845 億円
約1兆 590 億円
⇒MICE 参加者の個人消費額だけでなく、本調査により MICE の主催者や出展者による支出額 を初めて算出

3.外国人参加者 1 人当たりの総消費額は、・企業会議:約 32.5 万円 ・報奨・研修旅行:約 32.0 万円 ・国際会議:約 37.3 万円 ・展示会 :約 27.5 万円
⇒平均は約 33.7 万円
平成 29 年度実施「MICE の経済波及効果算出等事業」報告書 (公開予定URL)
http://www.mlit.go.jp/kankocho/page03_000050.html