2018年4月の訪日客数は12%増の290万人、年間累計では1000万人突破!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図解】訪日外国人数、2018年4月は12%増の290万人、年間累計では1000万人突破 ―日本政府観光局(速報)

(トラベルボイス 2018年5月18日)
https://www.travelvoice.jp/20180518-111108
訪日外国人の増加率こそ低下してきているが、訪日客数は確実に増加しており、1月から4月の間で過去最速で1000万人超え、1051万9000人となった。
中国68万3400人、韓国63万8500人とツートップは変わらない。
2018年の年間訪日客数は3000万人は下りそうにはなさそうだ。
【ポイント】
2018年4月の訪日外国人数(訪日外客数:推計値)は前年同月比12.5%増の290万1000人。前年同月(257万9000人)よりも30万人以上うわ回り、4月として過去最高を記録した。
1月からの累計は前年比15.4%増の1051万9000人となり、過去最速での1000万人超えとなった。
中国68万3400人(29.2%増)、韓国63万8500人(15.1%増)、台湾47万人(13.7%増)、香港17万9900人(14.1%減)。

調査対象市場のうち、台湾、タイ、フィリピン、ベトナム、インド、フランス、ロシアで単月最高を記録。
また、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、豪州、米国、イタリアでは4月として過去最高となっている。

4月は新規就航や増便、チャーター便の運航、航空座席供給量の増加といった航空路線拡充に加え、日本の春の魅力を訴求したプロモーションが功を奏し、訪日意欲を喚起したとしている。