日本の地方に行きたい訪日台湾人リピーターが40%超えに増加!

日本の地方に行きたい台湾人旅行者。観光スポットを「線」で繋げて紹介する必要性

(やまとごころ 2018.06.04)
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/24184/
観光客は、よほど魅力が強くないと同じ観光スポットを訪れない。訪日客も同じ行動をとる。
訪日経験のある台湾人観光客で「次回は地方に行きたい」と答えたのは、訪日経験1回のグループは10.6%で、2回以上のグループは40.8%だという。
地方には日本ならではの魅力がある。一方、観光スポットから次の観光スポットへの動線を繋ぐことが難しい。ましてや訪日客は行動に移せない。
2017年の訪日外国人観光客のうち2回目以上の「リピーター」は1,761万人、全体の約6割を占めた。

政府はリピーター数を、2020年に2,400万人に増やす目標を立てている。

【ポイント】
株式会社結.JAPANは、動画メディア「wafoo」を通じて台湾人観光客に「訪日旅行で行きたいところ」をアンケートした。
アンケートでは「次は日本の地方に旅行したいか」という質問を行い、訪日旅行経験者を「1回のみ」「2回以上あり」の2グループに分けて比較した。
訪日旅行経験が1回のみのグループは、10.6%が地方への旅行を考えたのに対し、2回以上の経験者は40.8%が「次回は地方に行きたい」と回答した。
「次は日本の地方を旅行したい」との回答割合は、16~20歳のみ20%弱だったが、21歳以上ではどの年齢層も30%以上を占めていた。

今回の調査結果から「リピーターの人は地方に興味を持っている。しかし、現状は各スポットだけの情報発信が多く、旅行者は一個一個を丁寧に調べてからではないと、安心して訪れる事が出来ない」と述べた。
「おすすめルート」など、観光スポットを線で繋げた情報発信する必要性を提言している。

2017年の訪日外国人観光客のうち2回目以上の「リピーター」は1,761万人で、外国人観光客全体の約6割だった。
政府はリピーターの人数を、2020年に2,400万人に増やす目標を立てている。