世界の航空旅客は20年後に2.4倍! 中東・アジアがけん引、欧米は縮小!

世界の航空旅客は「2037年までに2.4倍」と予測、中東・アジアがけん引、欧米では縮小傾向へ
(トラベルボイス 2018年6月19日)
https://www.travelvoice.jp/20180619-112536
2017年から2037年までの航空旅客の需要予測によると、20年後に2.4倍。年平均成長率は4.5%となるようだ。
ジェット旅客機は、20年後には約1.8倍の3万9867機に運行が増大。
アジア・太平洋地域のシェアは、2017年の32%から5ポイント増の38%に拡大するという。
世界中の観光が伸びており、特にアジア・太平洋地域が増大している。訪日観光も当分続くことになりそうだ。
【ポイント】
日本航空機開発協会(JADC)はこのほど、民間航空機に関する市場予測を発表した。
2037年までの長期需要予測によると、航空旅客需要は、有償旅客キロ(RPK/有償旅客数×輸送距離キロ)ベースで、2017年の7兆7371億人kmから2037年には約2.4倍の18兆5875億人kmに拡大。年平均成長率は4.5%となった。

成長率が大きいのは中東6.0%増、アジア・太平洋地域が5.3%。
アジア・太平洋地域のシェアは、2017年の32%から5ポイント増の38%に拡大する一方で、欧州は3ポイント減の22%、北米は5ポイント減の18%となる見通し。
ジェット旅客機の運航機数は、2017年末の2万2337機から、2037年末には約1.8倍の3万9867機に増大。20年間の新規納入機数は3万3530機で、販売額は5兆1370億ドル(2017年カタログ価格)と推計。そのうち、座席数が60~99席のリージョナルジェット機の販売額シェアは3%、100~229席クラスまでの細胴機は47%、230~400席以上にわたる広胴機が51%となる見通し。新規納入機数が最も多い機材は、120~169席クラスの1万3056機が全体の39%を占め、販売額シェアは27%。

地域別では、欧州(19%)、中国(20%)、北米(18%)の運航機数が多く、この3市場で世界シェアの57%に。また、アジア・太平洋地域は1万4053機(42%)となった。