大阪メトロ 夢洲IR連動~延伸24年度明記、観光施設に数百億円の投資!

大阪市=大阪メトロ 夢洲IR連動~延伸24年度明記、観光施設に数百億円

(カジノIRジャパン 2018-07-11)
http://casino-ir-japan.com/?p=19838
参議院で審議されているIR実施法案は、認定数の上限を「3ヵ所」、入場回数制限は「7日間に3回 + 28日間で10回」、入場料を6000円、納付金は30%とするなどの内容を審議しており、19日に可決される見通しとなっている。
大阪メトロは、地下鉄中央線のコスモスクエア駅から夢洲へ延伸し、2024年度中の開業を目指すとし、IRと連動した観光客向け商業施設の開発に数百億円を投資するともいう。
【ポイント】
参議院で審議されているIR実施法案は、区域認定数の上限を「3ヵ所」と法定する方向。区域認定プロセスは、2サイクル実施を検討することとなった。
IR実施法の成立後、自治体(都道府県、政令指定市)は、事業者選定およびIR整備計画策定のプロセスに入る。
2021年前後、政府は、第1サイクルの区域認定(自治体からの区域認定申請の受付、選定)を実施する見通し。
なお、区域認定数見直し時期は、地方の声にも配慮する観点から、「最初の区域認定から7年経過後」で合意。
・7月9日、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は、中期経営計画(2018-2024年度)を公表。4月の民営化後の初公表
・夢洲IRに関連するポイント
-中央線のコスモスクエア駅から夢洲への延伸は、2024年度中の開業を目指すと明記
-IRと連動した観光客向けの商業施設の開発に対して数百億円を投資
・河井英明・社長の記者会見での発言
「西の拠点として夢洲が開発されることを大いに歓迎する。関係者と連携し、できる役割は最大限果たしたい」
・なお、夢洲への鉄道延伸については、JR西日本も桜島駅以西を検討する方針を発表済み