EU、民泊エアビーの料金表示に改善要求、ホスト都合の予約キャンセルにルール求める!

欧州連合、民泊エアビーの料金表示に改善要求、ホスト都合の予約キャンセルにルール整備も求める
(トラベルボイス 2018年7月19日)
https://www.travelvoice.jp/20180719-114711


EU委員会がAirbnbに改善要求をつきつけた。

エアビーの宿泊に清掃費用が発生することなど料金体系を分かりやすく明示し、宿泊オーナー都合でのキャンセルに関するルール、登録物件が個人か専門業者かも明示するよう求めた。
8月末までに対応策を講じるよう求めており厳しいと言える。
民泊は始まったばかりのサービス、問題が生じれば、速やかに改善されなければならない。

【ポイント】
EUは2018年7月16日、Airbnbに対し、8月末までに、消費者から寄せられた料金体系や予約手続きに関する苦情への対応策を講じるよう求めた。
エアビー側は、問題点についてEU委員会と対応を協議するとしている。

EU委員会で、消費者保護を担当する委員は、エアビーの料金体系が複雑になり利用者に分かりにくく、清掃費用などが発生することを理解しないまま予約し、予想外の費用負担を強いられるケースなどの懸念を示した。
予約手続きの進め方も、旅の手配をすべて完了した後で、宿泊オーナーの都合でキャンセルになれば、利用者は立ち往生してしまうと指摘した。

「利用者が、各サービスの内容とその金額について、すぐ理解できることが不可欠だ」と話し、エアビーのウェブサイトで「サービス料や清掃料金など、必ず含まれる料金をすべて足した」合計金額を提示するよう求めた。
合計金額を事前に正確に算出することが難しい場合は、エアビー側が、追加料金が発生する可能性があることをはっきりと伝えるべきとの考えを示した。
オーナー側の都合で予約をキャンセルする場合、公正なルールを整備するよう要求。

エアビー側は「今回の指摘を重く受け止めている。可能な限り、透明性の確保に取り組む」とコメントする一方、「利用ゲストには、サービス料や税金など、すべての料金について、予約確定の前段階で明らかにしている」と説明。
「問題になっている点について、関係当局と協議し、明らかにしていく」との考えを示した。

EU委員会は、登録物件が個人なのか、専門業者なのかも明示するよう求めている。
ホストの形態により、消費者保護法の適用ルールが異なるためだ。
エアビーの事業がEU法を順守したものになるよう、「詳細な対応策」を打ち出すことを同社に要求。内容が不十分であると判断した場合は、引き続き同社に対応を求めていく方針だ。