米・英・豪に聞いた「絶対ムリ!な日本食ワースト1」!

米・英・豪3カ国に聞いた 「何がなんでも絶対ムリ!な日本食ワースト1」が判明!
(ライブラ株式会社 2018年7月23日)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000032037.html
欧米では”ゲテモノ”扱いされる日本食のなかで、「生卵」「うに」「生きたままの海鮮(踊り食い)」「鯨肉」「納豆」「馬肉」についての嗜好調査だが、やはり食べることに強い抵抗があるようだ。
「食べたくない」は、豪州では鯨肉が1位で、米国では馬肉が1位だ。みじかな動物を食することの抵抗は、犬、猫を食す文化のある国への抵抗と似ていると言える。
【ポイント】
株式会社ライブラの運営する、訪日外国人旅行者向けのツアー『Magical Trip マジカルトリップ)』が、米・英・豪3カ国に対して、日本食についてのアンケートを行った。
日本では大人気のメニューにも関わらず、欧米の国では”ゲテモノ”扱いされる食品について「絶対に食べたくない」「機会があれば食べてみたい」について調査したもの。
米国・英国・豪州に居住する方のうち、訪日経験がある/訪日したい/日本に興味がある、と答えた方を各国100名ずつ計300名より集計した。
■対象となる日本食の外国人の感想
馬肉:馬は人間の友達であり、食べる対象ではない
生きたままの海鮮(活け造り・踊り食い等):行きたまま食べるのは残酷
うに:見た目が苦手、周りにトゲがあって怖い
納豆:見た目、ネバネバ、ニオイが無理
生卵:菌が居て危険(日本では当たり前の卵の殻の殺菌が、海外ではされていないことが多い)
クジラ:賢く社会性のある高等動物であり、食べる対象ではない

Q:「食べたことのある日本食はどれですか」 複数回答(カッコ内は回答数)
1位 生卵 (11)
2位 うに (9)
3位 生きたままの海鮮 (7)
4位 鯨肉 (4)
4位 納豆 (4)
6位 馬肉 (2)
上記のうち1つも食べたことがない (81)

Q:「機会があれば試してみたい日本食はどれですか」 複数回答(カッコ内は回答数)
1位 うに (21)
2位 納豆 (14)
3位 馬肉 (12)
3位 生きたままの海鮮 (12)
5位 生卵 (11)
5位 鯨肉 (11)
上記のうち1つも試したくない (57)

Q:「機会があったとしても食べたくない日本食はどれですか」 複数回答(カッコ内は回答数)
1位 鯨肉 (48)
2位 馬肉 (46)
3位 生きたままの海鮮 (41)
4位 生卵 (35)
5位 うに (33)
6位 納豆 (27)
上記のうち1つも食べたくないものはない (26)

■マジカルトリップが主力商品の『バーホッピングツアー』でもよく話題になる、食べ物について調べた。
ウニや納豆など、見た目で苦手意識を持つ食べ物は、比較的「挑戦してみたい」という候補にあがりやすかった。
鯨肉や馬肉など、信条として無理という感想の多い食べ物は、機会があったとしても食べないが多かった。
犬や猫などを食す文化は日本人からすると受け入れ難い。その反応と重なるのではないか。
「機会があったとしても食べたくない日本食」は、豪州では鯨肉が1位、米国では馬肉が1位だった。