訪日外国人向けアプリを拡充、徒歩ルートの音声案内やカーナビ機能搭載!

ナビタイム、訪日外国人向けアプリを拡充、徒歩ルートの音声案内やカーナビ機能を搭載【動画】

(トラベルボイス 2018年8月3日)
訪日客の不満の上位に「公共交通の利用がわかりにくい」がある。
縦横無尽に走る都市部の鉄道は、日本人でもわかりにくい。ましてや外国人は案内板などのサインだけでは理解できない。
外国語に対応した経路検索機能の拡充がこれからも期待される。
【ポイント】
ナビタイムジャパンは、インバウンド向けルート検索アプリ「NAVITIME for Japan Travel」の機能を拡充した。
徒歩ルートの音声ナビゲーションとカーナビゲーション機能に対応したもの。

徒歩ルートでは、地図表記と音声案内を英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語で案内。公共交通機関を組み合わせた「トータルナビ」検索の徒歩区間が対象だ。
また、同機能は法人向け「店舗案内ASPサービス」にも対応する。

カーナビ機能は、アプリに新設した車ルート検索機能を使い、徒歩ルート同様に多言語で案内できるようにした。
道路状況に応じて「推奨」「無料」「最短」「エコ」の4モードから選択できる。

今回の対応では、HTML5技術を用いたウェブビュー(Webview)表示を採用。
アプリのOSや使用機種に依存することなく、どのブラウザでも音声ナビゲーションが利用可能になった。
音声ナビゲーションイメージ(中国語)(Youtube:約10秒)