観光地のトイレ4割「和式」 国は訪日客拡大のために「洋式」化に力を入れる!

観光地のトイレ4割「和式」 国が「洋式」化に力を入れる〝隠れた理由〟とは…

(産経新聞 2018.8.2)
https://www.sankei.com/economy/news/180801/ecn1808010001-n1.html
「和式トイレ」について、外国人が「使う向きが分からない」「便器に座ってしまう」という問題はかつてからあった。
我が家に来ていた留学生も学校のトイレに困惑したと話してくれた。
28年度の観光地の公衆トイレ調査で、2万4524基ある大便器のうち42%の1万181基が和式だったという。
国は、平成28年度から宿泊施設のトイレ洋式化費用の3分の1助成を開始。29年度からは観光地の公衆トイレ、30年度からは駅や電車、バスターミナルなど交通施設へと拡大している。
【ポイント】
観光立国を目指す政府は、観光地を中心に外国人に不評な和式トイレを洋式化する取り組みを強化している。
日本独特の和式トイレは外国人にとっては使い方が分からず、不潔な印象を与える要因にもなっている。
観光地では4割がまだ和式という実情もあり、2020東京五輪・パラリンピックを控え対策は急務となっている。
衛生陶器メーカー大手のTOTOが平成26年に在日外国人を対象に実施したアンケートでも、来日当初に日本のトイレで困ったことの第1位が「和式トイレの使い方が分からない」という回答だった。
「(使う)向きが分からない」、「便器に座ってしまうかも」といった内容で、「日本はいろんなものがキレイなのに、和式トイレを見ると不潔な印象を受ける」という意見もあった。
日本人も「洋式派」が増えているといい、便器の出荷数も昭和52年に洋式が和式を上回り、平成27年の和式の出荷量は全体の1%未満にまで減少している。
28年度の観光地公衆トイレ調査によると、2万4524基ある大便器のうち42%にあたる1万181基が和式だった。
政府は、2020年に訪日外国人旅行者を4000万人に引き上げる目標を掲げている。
和式トイレは旅行者のストレスにもつながっており、対応が急務と判断した政府は、平成28年度から宿泊施設のトイレ洋式化費用の3分の1の補助事業を開始。29年度からは観光地の公衆トイレ、30年度からは駅や電車、バスターミナルなど交通施設へと範囲を拡大してきた。

国が大きな公共事業をしても大手ゼネコンなどが利益を吸い上げてしまうため、地方の中小企業にはその恩恵が届きにくい。
しかし、トイレの洋式化であれば、地元の工務店やリフォーム業者が請け負うことになる。国費を地域を支える中小企業にむけて直接“流す”ことに繋がり、経済対策が及ぶ範囲が自然に広がる。

とはいえ、便座に触れたくない人を中心に和式トイレに一定の需要があるのも事実。
トイレの洋式化は、訪日外国人旅行者の満足度向上と経済対策という「一石二鳥」の効果をあげられるか-。