飲食店の予約は「ネット予約」が過半数、「とりあえず」予約は無断キャンセルが上位!

飲食店の予約は「ネット予約」が過半数に、「とりあえず」予約は無断キャンセルの理由の上位に

(トラベルボイス 2018年8月14日)
https://www.travelvoice.jp/20180814-110614
飲食店にとって無断キャンセルは仕入材料の残に空席による機会損失と収益に影響を与える。
無断キャンセルの理由は、「場所を確保するため複数店を予約」(39.8%)、「予約したことを忘れていた」(35.2%)、「人気店なのでとりあえず予約した」(34.4%)が続くという。
無断キャンセルをした経験がないだけに、無断キャンセルする気持ちは理解できない。
無断キャンセルは若い世代ほど多いといい、キャンセル料支払いについても若い世代ほど「妥当」と考えるようだ。
【ポイント】
飲食店予約で、無断キャンセルがされやすい予約手段は「電話」が59.4%、「グルメサイトのネット予約」(55.5%)、「自社ネット予約」(31.2%)、「来店予約」(18.0%)となった。

無断キャンセルの理由は、「場所を確保するために複数の店を予約」(39.8%)、「予約したことを忘れていた」(35.2%)、「人気店なのでとりあえず予約した」(34.4%)が続き、場所確保や人気店を理由に「とりあえず」予約を取る傾向がある。
「電話がつながらなかった」(18.8%)、「キャンセルの仕方が分からなかった」(16.4%)などの理由もあり、キャンセルができる利便性の提供も対策の一つとして見込まれる。

飲食店の予約手段では全世代平均では「ネット予約」が半数超。
20代は「ホットペッパー」(56.7%)、「食べログ」(45.1%)、「飲食店の自社ネット予約(ホームページ)」(45.5%)となったのに対し、年代が上がるほど「電話予約」が主流となり、50代では65.4%。ただし、50代でも、「ぐるなび」と「飲食店の自社ネット予約(ホームページ)」が30.7%と、ネット予約を行なう人も少なくない。
無断キャンセルの経験者は、20代が49.2%、30代が27.3%と若い世代ほど多い。
キャンセル支払いについては、53.9%が「妥当」と回答。20代(25.2%)が「妥当」とする考えが最も高い。

無断キャンセルがしやすい飲食店は、「居酒屋・チェーン店」(51.9%)が多く、「焼肉」(26.0%)や「ビアガーデン」(25.5%)が上位に。時間帯別ではランチタイム(30.2%)がディナータイム(8.4%)を大きく上回り、単価別では「5000円以下」(37.9%)が圧倒的だった。

調査は20~50代の飲食店予約の経験がある男女に実施。有効回答数は906サンプル。