来年度の観光予算は2.5倍増の785億円、「出国税」財源の高次元施策に480億円!

来年度の観光予算は2.5倍増の785億円、「出国税」財源の高次元施策に480億円、新たにAI導入・ビックデータ分析なども -国交省・概算要求2019
(トラベルボイス 2018年8月29日)
https://www.travelvoice.jp/20180829-116737


2019年度の観光関係の予算要求は前年度比2.45倍増の785億3300万円だ。
財源は、出国税(国際観光旅客税)を480億円を活用するといい、出入国検査の円滑化など訪日客のストレスフリーを進めるという。
訪日プロモーションでは、特定の国に偏らない誘客を図るといい、欧米豪市場を強化するようだ。
違法な民泊を抽出して、健全な民博サービスの普及のための対策も取られるという。


【ポイント】
国土交通省は、2019年度の観光庁関係予算概算要求を公表した。
予算要求総額は前年度比2.45倍増となる785億3300万円で、東北復興枠を除く一般会計では、2.68倍増の739億6800万円を要求した。
・「国際観光旅客税を活用したより高次元な観光施策の展開」に前年度比8倍となる480億円
・「観光推進国の実現に向けた観光施策の着実な実施」には同22%増252億1800万円

国際観光旅客税を活用したより高次元な観光施策の展開:480億円
出国税(国際観光旅客税)財源充当事業である。
「国際観光旅客税を活用したより高次元な観光施策の展開」(ストレスフリーで快適に旅行できる環境整備)
・出入国審査などの円滑化を実現するための最先端技術の活用。
・デジタルマーケティングを活用したプロモーションの高度化

観光推進国の実現に向けた観光施策の着実な実施:252億1800万円
(1)戦略的な訪日プロモーションの実施と観光産業の基幹産業化:140億8400万円
「戦略的な訪日プロモーションの実施と観光産業の基幹産業化」で、前年度49%増となる140億8400万円
2020年の訪日外国人旅行者数4000万人、2030年の6000万人の目標達成に向け、世界からの誘客を展開する方針に沿い、特に欧米豪市場への強化とアジア市場からの誘客拡大を徹底。
新重点市場10市場を設定し、先行的なプロモーションや富裕層の誘客拡大を進める。
・宿泊関連では、生産性向上推進や情報開示促進など「地域の活性化促進」に1億5000万円
・健全な民泊サービスの普及に2億900万円
 海外の無登録仲介サイトより掲載物件情報を収集し、住所などの詳細情報を集約して一覧化。そのうえで
 日本での届け出物件情報と照合し、違法性が疑われる物件を抽出する。
  https://www.travelvoice.jp/20180830-116768
・「AI(人工知能)」などの導入による旅行サービスの高度化事業を設定(要求額5000万円)
 SNSやビッグデータ、企業データ分析などを進め、旅行者のニーズに的確にこたえるためのツール開発などに活かし、個人の好みを反映できる旅行サービスの提供につなげる。
・「テーマナビゲーター育成事業」(要求額7000万円)
 地域滞在の満足度向上のため、外国人対応可能なガイド人材の育成をおこなう。

(2)観光資源を活用した地域への誘客の促進:25億7200万円
・「観光資源を活用した地域への誘客の促進」では29%増の25億7200万円
 DMOが中心となって進める広域周遊観光促進のための支援制度、テーマ別観光による地方誘客など。

(3)訪日外国人旅行者の受け入れ環境の向上:77億8200万円(前年度並み)
・全国共通ICカードの導入や多言語バスロケーションシステムの設置
・洋式トイレの整備
・鉄道駅やバスターミナルにおける移動円滑化
・少宿泊施設におけるユニバーサルツーリズム促進

その他
・「観光統計の整備」に対し、28%増の7億7900万円
 国レベルのインバウンド消費実態の把握のほか、都道府県レベルの地域観光統計整備も進める。


• 平成31年度予算概算要求の概要
http://www.mlit.go.jp/common/001250843.pdf