アジアで愛される日本の調味料、醤油とワサビが根強い人気!

アジアで愛され続ける日本の調味料、醤油とワサビが根強い人気 —FUN! JAPAN調査

(やまとごころ 2018.08.29)
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/26393/
香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイの5カ国における”知っている日本の調味料”は、醤油・ワサビ・味噌の順だという。”食べたことのある日本の調味料”も4カ国で同じ結果になった。
「味の素」「マヨネーズ」も上位に位置し、現地生産やハラール認証を進めた努力の成果だといえる。
現地の日本料理レストランも増加し、刺身と寿司の人気が強いため、醤油とワサビの認知度が高くなっている。
アジアでも健康志向の高まりを受け、「日本食=健康」というイメージが浸透しているという。

【ポイント】
アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』が、香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイのアジア5カ国における「食の実態」をオンラインアンケート(3524件回答)を行なった。
日本の調味料について「知っているか?」「食べたことがあるか?」「好きな調味料は?」の質問を行った。
1)知っている日本の調味料
アジア5カ国では、醤油・ワサビ・味噌の順で上位を占めた。
醤油は海外の家庭にもある調味料となっている。キッコーマンは1950年代にアメリカに進出、80年代からはアジアにも展開するようになった。
高温多湿なシンガポールでの醤油醸造に成功し、アジアに日本の食文化を伝える拠点としている。
海外での刺し身と寿司の人気は根強いため、醤油とワサビの認知度が高い結果となった。
2)食べたことのある日本の調味料
家庭だけでなく、レストランや屋台も含めて尋ねた結果、4カ国では醤油・ワサビ・味噌が上位となった。
インドネシアでは醤油・味の素・マヨネーズと順位が異なり、味の素が含まれることが特徴的だ。
味の素は早くから海外進出し、インドネシア・タイ・マレーシア・台湾に現地法人をもっている。
味噌・醤油・ワサビを食べたとの回答が多いなか、柚子胡椒もランクイン。香港の61%、台湾の48%の人が「食べたことがある」と回答した。
3)好きな日本の調味料
醤油・味噌・ワサビが上位を占めたが、インドネシアは醤油・マヨネーズ・味噌の順になった。
マヨネーズを積極的に海外展開しているキューピーは、ハラール認証を取得することで、イスラム教徒向けにもマヨネーズの販売を行い、インドネシアであまり食べる機会のなかったサラダの需要を創出するなど、普及活動につとめている。
アジア現地で様々な日本料理のレストランが増加していることに加え、健康志向の高まりを受けて、日本食=健康というイメージが浸透していることも影響していると考えられる。