2018年8月の訪日外国人数は4.1%増の258万人、2ヶ月連続1桁増加!

【図解】訪日外国人数、2018年8月は4.1%増の258万人、年間累計は過去最速で2000万人を突破 

―日本政府観光局
(トラベルボイス 2018年9月19日
https://www.travelvoice.jp/20180919-117843


8月の訪日外国人数は4.1%増の257万8000人。8月として最高を記録。
しかし、6月に発生した大阪府北部地震、7月の豪雨の影響で訪日旅行者数全体の伸びの鈍化し、2ヶ月連続で1桁の伸びにとどまった。
1位:中国4.9%増81万9900人。2位:韓国4.3%減62万900人、3位:台湾4.4%増37万7800人、4位:香港0.7%増19万6800人で、これら4市場で約8割を占める構造も変わらない。
1月からの累計は前年比12.6%増の2130万9000人。過去最速で2000万人超えとなった。


【ポイント】
2018年8月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比4.1%増の257万8000人。8月として最高を記録した。
1月からの累計は前年比12.6%増の2130万9000人。過去最速で2000万人超えとなった。

1位は中国、前年比4.9%増の81万9900人。次いで多い韓国は4.3%減の62万900人、台湾は4.4%増の

7万7800人、香港は0.7%増の19万6800人。これら東アジア4市場で全体の約8割を占めた。
4市場を含め調査対象となっている20市場のうち16市場が8月として最高を記録。イタリアとスペインは単月でも最高となっている。

6月に発生した大阪府北部地震や7月の豪雨の影響が東アジア市場の一部の需要抑制に働き、訪日旅行者数全体の伸びの鈍化につながった。
併せて、台風21号や北海道胆振東部地震についても正確な情報発信に努め、訪日旅行市場への影響について引き続き注視していく。