米・富裕層向け旅行誌の「世界で最も魅力的な都市」 1位東京、2位京都、12位大阪!

米・旅行有力誌の読者が選んだ「世界で最も魅力的な都市」、ツートップに「東京」「京都」、「大阪」は12位に浮上
(トラベルボイス 2018年10月10日)
https://www.travelvoice.jp/20181010-119102


富裕層向け旅行関連メディア大手「コンデ・ナスト・トラベラー」の「世界で最も魅力的な都市ランキング」によると、米国以外の大都市の部で3年連続で「東京」が1位。2位は「京都」、3位は「豪州・メルボルン」。また、12位に「大阪」が初めてランクインした。
日本の都市が選ばれる理由に、超近代的なエリアと静かな寺院などが隣接している点や、ミシュランが推奨するレストランが評価されているようだ。


【ポイント】
富裕層向け旅行関連メディア大手「コンデ・ナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)」が発表した「世界で最も魅力的な都市(Best Cities in the World)ランキング」によると、米国以外の大都市の部の1位は3年連続で「東京」。2位は昨年3位だった「京都」、3位は「豪州・メルボルン」だった。
また、12位に「大阪」が初めてランクインした。

東京は、超近代的なエリアと静かな寺院などが隣接して魅力ある街のスタイルを構成しているほか、ミシュランの三ツ星レストランと独創的なラーメンなど、グルメの面でも多様な魅力があると評価された。

2位の京都は、古い寺院などが多く存在する一方で、新しいエネルギーを持つアーチストなどが移り住むなどの変化も見られ、町家づくりが並ぶ通りの工芸品店などで魅力的なコンセプトショップも多数存在。
ミシュランが推奨するレストランはもとより、創設200年クラスの旅館の食事も世界に推奨できるとしている。

2018年世界で最も魅力的な都市 トップ20
• 1位:東京(日本)
• 2位:京都(日本)
• 3位:メルボルン(オーストラリア)
• 4位:ウィーン(オーストリア)
• 5位:ハンブルク(ドイツ)
• 6位:シドニー(オーストラリア)
• 7位:シンガポール
• 8位:パリ(フランス)
• 9位:バルセロナ(スペイン)
• 10位:バンクーバー(カナダ)
• 11位:マドリード(スペイン)
• 12位:大阪(日本)
• 13位:ロンドン(イギリス)
• 14位:ブダペスト(ハンガリー)
• 15位:アムステルダム(オランダ)
• 16位:ソウル(韓国)
• 17位:イスタンブール(トルコ)
• 18位:アテネ(ギリシャ)
• 19位:ローマ(イタリア)
• 20位:ダブリン(アイルランド)