訪日外国人数、2018年9月は5.3%減、台風・地震の影響で5年8か月ぶり前年割れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図解】訪日外国人数、2018年9月は5.3%減の216万人、台風・地震の影響で5年8か月ぶり前年割れに ―日本政府観光局(速報)
(トラベルボイス 2018年10月16日
https://www.travelvoice.jp/20181016-119397

9月の訪日外国人は5.3%減の216万人で、5年8か月ぶり前年割れだという。
台風・地震の影響なので前年割れになると予想はしていたが、思ったより落ち込みが少ない。そして9月の末には平常並みの訪日客が道頓堀周辺を歩いていた。
中国の10月1日からの大型連休「国慶節」でも、海外旅行先の1番に日本が選ばれたという。
8月まで8割を占めていた中国、韓国、台湾、香港の訪日客が、9月は73.5%に縮小した。しかし、東南アジアや欧米など16市場では9月として過去最高だ。訪日旅行の人気は本物のようだ!


【ポイント】
2018年9月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比5.3%減の215万9600人。
台風第21号や北海道胆振東部地震の影響などにより、9月は前年同月の228万人よりも約12万人下回る数値に。伸びがマイナスとなったのは、2013年1月以来、5年8か月ぶり。

1月からの累計は前年比10.7%増の2346万8500人。

9月は韓国、中国、台湾、香港の上位4か国・地域が、前年比マイナスを記録。
1位は中国、前年比3.8%減65万2700人。2位は韓国13.9%減47万9700人、3位は台湾5.4%減32万9100人、4位は香港23.8%増12万6200人。
8月は東アジア4市場で全体の約8割を占めていたが、9月は73.5%に縮小。
一方で、調査対象となっている20市場のうち16市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で9月として最高を記録している。