大阪府・市のIR業者選定は、第三者委員会が選定の方針!

IR業者、第三者委が選定…大阪府・市方針

(読売新聞 2018年10月15日)
https://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20181015-OYO1T50001.html

大阪府・大阪市は、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業者の選定を、「選考委員会」に委託する方針を固めた。
IR実施法により、IR誘致を目指す都道府県や政令市は民間事業者を公募で選定すると明記されており、自治体は規模や治安対策などを盛り込んだ「区域整備計画」を事業者と共同策定し、国に申請することになる。
大阪府市の選考委は、IR事業者が提示した投資額や施設、規模、依存症対策など項目ごとに評価し選定。
大阪府市は、2024年末までのIR開業を目指しており、19年度に事業者を公募するという。

【ポイント】
カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致を目指す大阪府・大阪市は、IR事業者の選定を、有識者らで構成する第三者の「選考委員会」に委託する方針を固めた。
知事や市長らが選定に関与しないことで公平性を確保するのがねらい。
課題となるギャンブル依存症対策などを基準に選定するという。
7月成立したIR実施法では、カジノ誘致を目指す都道府県や政令市は民間事業者を公募で選定すると明記。
自治体は規模や治安対策などを盛り込んだ「区域整備計画」を事業者と共同策定し、国に申請する。
現在、国が都道府県と政令市に対してIR誘致の意向調査を実施している。

大阪府と市の選考委は、IR事業者が提示した投資額や施設、規模、依存症対策の内容など項目ごとの評価を基に選定する方針。
IR事業者側の働きかけや暴力団などの反社会的勢力の影響を排除するため、選考委員の氏名や人数、採点基準などは非公表とすることも検討している。
大阪府と市は、2024年末までのIR開業を目指しており、19年度に事業者を公募する。