アジア5か国の人が求める「楽しい訪日旅行」の条件とは?

アジア5か国の人が求める「楽しい訪日旅行」の条件とは?-FUN JAPAN!調査

(やまとごころ 2018.10.15)
https://www.yamatogokoro.jp/inboundnews/27381/
香港と台湾では95%の人が訪日経験があり、インドネシア・タイ・マレーシアでは、訪日経験のない人割合が多く、旅行の形態も違う傾向を示している。
香港・台湾・タイは「北海道の自然」「北海道の食」「京都」について関心を持っている人が多く、インドネシアとマレーシアでは「富士山」「京都」「ディズニーリゾート」など、”日本のメジャースポット”に関心を持っている。
海外旅行の金額と旅行日数は比例することから、これらの国の「訪日旅行はショートトリップで、気軽に楽しめる場所が好まれる」と分析されている。
【ポイント】
アジアでNo.1規模の日本好きコミュニティサイト「FUN! JAPAN」は、香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイの5か国における「訪日旅行について」と「海外旅行に対する考え方」について調査した。
(各国FUN! JAPAN会員へのオンラインアンケートで3892件の回答)
1.訪日経験について
香港と台湾では95%の人が訪日経験があると答えた。訪日回数も多く、6~9回と答えた人が多い。
インドネシア・タイ・マレーシアでは、訪日経験のない人割合が多く、インドネシアでは71%。タイは31%、マレーシアは62%だった。
最近は、日本の化粧品や調味料などが身近な存在になり、日本のキャラクターへの人気も高まっている。
2018年になり、東南アジア3カ国からの訪日数が伸びており、今後、訪日客増加の余地がある。
2.参加したいツアーは、北海道の自然と食、京都のツアーに関心が高い
香港・台湾・タイでは「北海道の自然」「北海道の食」「京都」について関心を持っている人が多い。この3か国は訪日リピーター客が多いため、東京や富士山は経験済みであることが予測できる。
インドネシアとマレーシアでは「富士山」「京都」「ディズニーリゾート」に関心を持っている人が多く、”日本のメジャースポット”に高い関心を持っていることがわかる。
3.海外旅行の目的は、短期・低予算で楽しめる海外旅行が人気
インドネシアを除く4か国では「2~3日程度のショートバケーション」と答えた人が多く、インドネシアでは「夏休み・正月などのロングバケーション」との回答が多かった。
海外旅行を計画する際の検討事項として「金額」をあげる人が最も多く、次いで「観光地」「旅行日数」となった。
金額と旅行日数は比例することを考えると「訪日旅行はショートトリップで、気軽に楽しめる場所が好まれる」といえそうだ。
4.海外旅行の主な情報源はネット・口コミ・SNS・雑誌
5カ国共通して「口コミとSNSの情報」をあげた人が多かった。
日本の観光地や飲食・小売などの情報を、ネット上の口コミやSNSで幅広く発信することが求められてきそうだ。
香港・台湾では、情報源として「雑誌の特集記事」挙げる人が多かった。旅行情報誌や航空会社の機内誌など、両国では様々な雑誌が発行されているため、これらの媒体経由での情報収集が多くなっている。
インドネシア・タイ・マレーシアでは「インターネット(バナーやリスティング)」をあげた人が多い。
この3カ国を含め、東南アジアではオンライン上で情報収集をする人が多い。