小学生たちの集団登校が、外国人観光客にとっての見どころ!

小学生たちの集団登校が、外国人観光客にとって「見どころ」になっている=中国メディア
(Searchina  2018-11-12)

http://news.searchina.net/id/1670978?page=1
国が変わると小学生の登校風景も変わるのも当然なのだろう。
日本の集団登校が外国人には不思議な風景に映るようだ。
中国は一人っ子政策の影響なのか、登下校に保護者が付き添うようだ。日本人にとってはこれが不思議に映るかもしれない。
観光の語源は、中国『易経』の「国の光を観る、もって王に賓たるに利し」という一節に由来する。 これは「違った地域の産業や作物を観察する」という目的を持っている。
自国の文化と違うものに触れることが「観光」の真の目的とも言える。
【ポイント】
中国メディア・東方網は、日本の小学生の集団登校の様子が、特徴的な「風景」として映るとする記事を掲載した。

「日本では、小学生が自分たちだけで道路を歩いて学校に通。誰も大人が付き添っていない。自分たちだけで集団登校することを、日本の保護者は『社会に出るための第一歩』と位置付けている」とした。

通学路にある横断歩道に黄色い横断用の旗が入っていることを紹介。「子どもたちがこの旗を掲げたら、自動車は必ず停止して道を譲らなければならない。車が止まると、子どもたちはお辞儀しながら渡るか、あるいは渡り終えてからお辞儀をする」と伝えている。
集団登校する小学生の写真を示し、「大きなランドセルを背負い、大きな帽子をかぶって並んで登校する様子は、日本の街における1つの風景。高学年のリーダーが低学年の児童たちを引率し、親の手を借りることなく学校へと歩いていく。ランドセルには万一のため警報装置が取り付けられている」と紹介した。
学年が上がるにつれ交通機関の利用にも熟知していく。道に迷ったり、時間に遅れたとしても、親は叱りつけず、自分でその理由を考えさせ、改善するようアドバイスするのだとした。

中国では、朝や午後に子どもの送り迎えのために小学校を訪れた保護者たちを見かける。日本人が初めて見たときは奇妙さを覚える。日本の集団登校も中国人観光客たちにとっては同じように不思議な光景に映っているのだろう。