【図解】訪日外国人数、2018年10月は1.8%増の264万人、2か月ぶりでプラス推移!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図解】訪日外国人数、2018年10月は1.8%増の264万人、2か月ぶりでプラス推移に回復 ―日本政府観光局(速報)

(トラベルボイス 2018年11月21日)
https://www.travelvoice.jp/20181121-121692
10月の訪日外国人数は前年同月比1.8%増の264万600人だった。
9月は-5.9%だったがプラスに転じている。ただ伸び率が鈍化しており、訪日外国人の増加に陰りが出てきたようだ。
1月からの累計は前年比9.7%増の2610万9300人になった。
【ポイント】
2018年10月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比1.8%増の264万600人。
9月は台風や地震など相次ぐ自然災害の影響で5年8か月ぶりに伸びが減少したが、10月はプラス推移に回復。10月として過去最高の数字となった。

1月からの累計は前年比9.7%増の2610万9300人。

10月のトップは中国で前年比7.8%増の71万5300人。前月は3.8%減となったが10月はプラスに転じた。
次いで韓国は8.0%減の57万1200人、台湾が9.9%減の37万9600人、香港が0.9%減の16万9500人。
調査対象となっている20市場のうち16市場(中国、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で10月として最高を記録した。

1月からの累計では、ベトナム(33万人)、イタリア(12万9000人)、ロシア(7万9000人)、スペイン(10万4000人)で10月までに昨年の年計を超え、過去最高となっている。