ニセコが外国人に人気で、開発が進むのは自由に開発できるからだ!(大前研一)

ニセコ開発が進むのは再開発の自由度が高いから
(大前研一ニュースの視点 12月14日)
 
 
日本の中で素晴らしいスキー場は数多くあるなか、ニセコだけが外国人の注目を受けるのは「再開発の自由度が高い」のが大きな理由と大前研一氏がメルマガで指摘している。
従来のスキー場は”全体を作り直すのが非常に難しい”、ゆえに”再開発の自由度が低い”。
ニセコは千歳から移動に2時間近くかかり、交通の便が悪いのにも関わらず人気するのは、高級リゾート地として一から開発されたからだ。既存の観光地は、既得権益もあり簡単には再開発できないのだという。
 
【原文】
日経新聞は2日、『外資に買われる「ニセコ」』
と題する記事を掲載しました。
北海道の倶知安町とニセコ町にまたがる
ニセコ地区の不動産投資が加熱しています。
パウダースノーを求めて世界中から
スキーヤーが集まることに加え、
ホテルやスキー場で働く外国人も増加し、
ペンションやアパートが次々に建てられています。
地元ではインバウンド消費は歓迎するものの、
過度な開発が豊かな自然を損なう
との懸念も浮上しているとのことです。

倶知安町は地価上昇率が高く注目を集めている地域ですが、
私は現在の地価は「上がり過ぎ」だと感じています。
ニセコ以外にも北海道の中に良いスキー場はたくさんあります。
もっと東京に近い地域に目を向ければ、
越後湯沢、志賀高原、野沢なども、
ニセコに負けず劣らず良いスキー場だと思います。

その中で、なぜニセコがこれだけ注目を集めて開発されているのか?
というと、再開発の自由度が高いというのが大きな理由です。
ニセコは千歳から移動に2時間近くもかかりますし、
その途中非常に気温が下がる場所もあり、
利便性が高いわけではありませんが、
比較的自由に開発できるという点が
他のスキーリゾート地に優っています。

逆に、越後湯沢、志賀高原、野沢などの従来のスキー場は、
山の上の方にぐちゃぐちゃに固まってしまっていて、
全体を作り直すのが非常に難しい状態です。
ゆえに再開発の自由度が低く、ニセコを超える
ポテンシャルを持ちながら活かせていません。

越後湯沢駅の周辺など複数のスキー場がありますが、
バラバラに運営されていて、
お客を引っ張り合っている状況です。
だからそれぞれが行き詰まり、経営も傾いている状態です。
もし再開発が可能なら、私は200億円くらいあれば、
越後湯沢の町をまとめて再開発することができると思います。
2015年に北陸新幹線が開通した飯山駅の近隣にある
野沢温泉スキー場も、せっかくの新幹線開通という機会を
活かすことなく終わっています。

もしこれらの地域で再開発を自由にやらせてくれるなら、
1000億円規模の資金を投じても良いという人はいるはずです。
そうすると、カナダのウィスラーや
オーストリアのアールベルクのような
ハイエンドのスキーリゾートまで
視野に入れて開発できるでしょうし、
ニセコのみに開発が集中することもないはずです。

現在のニセコの地価やマンション価格は高すぎて、
私に言わせれば、全くお勧めできませんが、
マレーシアや香港などの外国人が資金を持ち込んでいるので、
日本としては外からお金が入ってくる
という点では良いのかも知れません。