2018年百貨店売上高マイナスもインバウンド需要好調、免税品売上高25.8%増3,396億円!

2018年百貨店売上高2年ぶりマイナスも、免税品売上高は25.8%増の3,396億円で過去最高

(やまとごころ 2019.01.28)
2018年の全国百貨店売上高はマイナスだったが、インバウンド需要は好調で、免税品売上高は25.8%増の3,396億円と過去最高を更新した。
12月のインバウンドによる売上高は8.4%増の302億2,000万円で、25カ月連続のプラスとなった。
化粧品が好調だったという。
【ポイント】
2018年の全国百貨店売上高が5兆8870億円となり、既存店ベースで前年比0.8%減と2年ぶりのマイナスになった。西日本豪雨や台風21号、北海道地震などが影響したとみられるが、インバウンド需要は好調で、免税品売上高は25.8%増の3,396億円と過去最高を更新した。
12月の全国百貨店売上高は6,805億円で、前年同月比0.7%減と2カ月連続のマイナスとなった。
12月のインバウンドによる売上高は8.4%増の302億2,000万円で、25カ月連続のプラスとなった。
化粧品が好調だったほか、クリスマスシーズンということもあり、ハイエンドブランドや高級時計、美術工芸品等の高額品を購入するインバウンド客も散見された。

12月に外国人観光客に人気のあった商品
1位:化粧品
2位:ハイエンドブランド
3位:食品
4位:婦人服飾雑貨
5位:婦人服・洋品

12月の免税手続きカウンターの来店国別順位
1位:中国本土
2位:香港
3位:韓国
4位:台湾
5位:シンガポール