大阪府市=第10回IR推進会議「IR基本構想案」提示 ~投資規模9,300億円

大阪府市=第10回IR推進会議 府市, 基本構想案~投資9,300億円

(カジノIRジャパン 2019-02-12)
「大阪IR基本構想(案)」が、2月12日の「第10回IR推進会議」で提示された。
敷地面積:約60ha、投資規模:9,300億円、施設規模:総延床面積100万㎡、年間来場者数:1,500万人/年、年間売上:4,800億円/年だという。
府市IR推進局の31年度当初予算として3.3億円を要求。
春から事業者からの公募を開始し、選定委員会を経て、政府が基本方針を公表する夏以降、事業者を決定する方針。
【ポイント】
・2月12日、大阪府市IR推進局は、「第10回IR推進会議」を開催
・府市IR推進局は「大阪IR基本構想(案)」を提示
・「大阪IR基本構想(案)」は、府市のIR事業者選定のガイドラインに
・大阪府市は、4月にも事業者からの提案募集を開始。政府が夏に基本方針を公表した後、実施方針を策定、事業者選定を行う予定
<大阪IR基本構想(案)大阪IRの想定事業モデル>
-敷地面積:約60ha
-投資規模:9,300億円
-施設規模:総延床面積100万㎡
-年間来場者数:1,500万人/年
 延利用者数:2,480万人/年,うちノンゲーミング施設:1,890万人/年,ゲーミング施設:590万人/年
-年間売上:4,800億円/年
 うちノンゲーミング:1,000億円/年,ゲーミング(GGR):3,800億円/年
<大阪IR基本構想(案)大阪・関西の持続的な成長に向けて>
-行政・地域・IR事業者による協議体の設置
-施設・サービスの魅力向上に向けた継続的な投資による好循環の実現
・詳細は大阪府市IR推進会議の該当ぺージ参照
府市IR推進局 31年度当初予算 3.3億円を要求
・大阪府は、平成31年度当初予算案について、1月9日までに財務部長復活要求段階を公表
・府市IR推進局では、3.3億円を計上(府市がほぼ折半)
-企画(懸念および合意形成の対策)は573万円
-推進(区域整備計画、事業者選定)は3億2,454万円。うち、IR事業化検討業務が2億9,882億円の内訳は以下の通り
(1)法律相談 4,177万円
(2)IR事業化検討支援業務委託 2億1,705万円
(3)協議会運営業務 135万円
(4)事業者選定委員会 215万円
(5)区域整備計画作成業務 448万円
(6)IR事業者募集に向けた調査業務 3,200万円
松井知事 春から事業者選定の公募作業を開始へ
・1月9日、大阪府の松井一郎・知事は、記者会見にてIRの事務スケジュールについて言及
・春から事業者選定のため、事業者からの公募を開始する方針
・府市は、2019年度予算で、事業者選定委員会(大学教授など最大10人の有識者で構成)の予算を計上へ。 事業者決定までに5回程度の会合の開催を見込む
・選定委員会は、施設の内容、投資額などを採点、評価へ
・府市は、政府が基本方針を公表する夏以降、事業者を決定する方針