訪日外国人数、2019年1月は7.5%増の269万人、1月の最高記録!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【図解】訪日外国人数、2019年1月は7.5%増の269万人、1月の最高記録を更新 ―日本政府観光局(速報)

(トラベルボイス 2019年2月20日)
2019年1月の訪日外国人数は前年比7.5%増の268万9400人と1月の過去最高だった。
ただ、中国19.3%増と台湾10.5%は増加したが、韓国3.0%減、香港3.9%減と、これまでの傾向とは変わりつつある。
訪日外国人数が増加しているのは間違いがないのだろうが、ホテルの稼働率が下がり、消費額が減っているのを聞くと、訪日外国人が減っているのではないかと錯覚を覚える。
【ポイント】
2019年1月の訪日外国人数(推計値)は前年比7.5%増の268万9400人。前年同月の250万1000人を約18万人上回り、1月として過去最高を記録した。
1位は韓国で前年比3.0%減の77万9400人。2位の中国19.3%増の75万4400万人、3位の台湾10.5%増の38万7500人、4位の香港3.9%減の15万4300人。これら4市場で全体の約8割となる77.2%を占めた。

また、調査対象となっている20市場のうち中国、台湾、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、スペインの計14市場が、1月として過去最高を記録している。