日本観光が成長し続ける一方で韓国観光は停滞 日韓の観光の違いはどこに? =韓国ネット

明暗分かれた日韓の観光政策、違いはどこに?=韓国ネットからため息

(Record China 2019年3月17日)
どこの国も他国が素晴らしく映るようだ…
韓国人は「日本はどこに行ってもきれいだし、地域ごとに違う楽しさがある」「韓国の観光地は汚いのに高い。だから国内旅行より海外旅行を選ぶ」という。
日本の文化であり習慣がキレイな国を作り、置かれてきた歴史が地域ごとに特色のある文化を創ってきた。
先人への感謝を忘れず、それとともに、新しい魅力の想像を進めなければならない。
【ポイント】
韓国メディア・韓国経済が「日本観光が成長し続ける一方で、韓国観光は停滞している」と伝えた。 
日本観光の強みとして「コンテンツの差別化としっかり整備された観光インフラ」を挙げ、韓国観光は「オリジナルの観光資源を発掘できずに足踏み状態が続いている」と指摘した。 

2018年の訪韓日本人観光客が前年比28.1%増の292万1360人だったのに対し、訪日韓国人観光客は5.6%増の753万9000人で、観光客数の差は約2.5倍だった。 

訪日外国人観光客が飛躍的に増えた理由として、首相が代わっても観光政策基調は変わらない「日本の一貫した観光政策」を挙げている。また、日本はイントラバウンド(自国民の国内旅行)の基盤がしっかりしており、観光インフラが小都市まで体系的に整備されているため、どの地域に行っても特有の文化を体験できる点も強みだと評価している。 

韓国の政策担当者は「韓国も地方観光活性化に向け地道に政策を実行してきたが不十分だ」と指摘しているという。昨年の訪韓外国人観光客1530万人のうち70%以上がソウルや釜山などの大都市を訪れている。
「地方にも魅力的な観光地が多数でき、コンテンツも発展した」と評価した上で、それでも「交通や宿泊施設の不便さから滞在型観光はできずにいる」と話したという。 

「日本は地域観光に多額を投資し、地域ごとに特色を感じられる観光を発展させてきた」と指摘し、「観光政策の目標を観光客数ではなく、再訪率に置いたことで、親切度はもちろん充実感も高まった」と説明。
「韓国観光も外形的な成長より、地域観光と再訪率に目標を据えなければ成長は難しい」という。 
韓国のネットユーザーから「日本は本当にすごいよ。どこに行ってもきれいだし、地域ごとに違う楽しさがあるから何度でも行きたくなる」「韓国は全てのインフラが首都ソウルに集中していることが問題」「日本と韓国の地方の祭りを比べれば一目瞭然。韓国の祭りの食べ物はまずいのに高過ぎるし、会場を一周するのに10分もかからない」「韓国人はまねすることしかできない。だからどこに行っても同じコンテンツ」「外国人の口にキムチを無理やり入れて『おいしい?』と聞く。これが韓国観光の現状。自然、サービス、歴史的な博物館、食べ物すべて不十分」
「韓国の観光地は汚いのに高いことが問題。だから国内旅行より海外旅行を選ぶ」「国民の民度の差がこの差につながった」「日本人の意識を見習うべき。日本から帰って来て、日本の愚痴を言う人は1人もいない。韓国の観光地は韓国人の私でも、ぼったくりや衛生問題で気分が悪くなる」など、韓国観光の現状を嘆く声が数多く上がっている。 

一方で「日本をまねる必要はない。韓国には韓国の良さがあるのだから」「韓国の良いところを見つけないと。韓国人が国内旅行をしないのはメディアの影響もある」と指摘する声もある。