2018年の中国人海外旅行者数は14.7%増の延べ1億5000万人、日本は人気の渡航先!

2018年の中国人海外旅行者数は延べ1億5000万人、日本は相変わらず人気―中国メディア

(RecordChina  2019年3月18日)
2018年の中国人海外旅行者数は前年比14.7%増の延べ1億4972万人となった。
香港、マカオ、台湾への行った旅行者を除くと、18年の海外旅行者数は約7125万人となる。
中国公民のパスポート発行数は1億7300万冊、年間1080万冊発行したことになる。旅券所持者は人口の約10%となったという。
人気の海外旅行先は、タイ、日本、ベトナムの順だという。訪日旅行が人気のあるうちに、海外の国と魅力競争に勝ち残らなければならない。
【ポイント】
中国旅遊研究院と携程(シートリップ)旅行ビッグデータ聯合実験室が発表した「2018年中国旅行客海外旅行ビッグデータ」を北京晩報が伝えた。
2018年の中国人海外旅行者の数は延べ1億4972万人に達し、前年比14.7%増となった。
タイ、日本、香港、マカオ、台湾、べトナム、シンガポール、インドネシア、ロシア、カンボジア、オーストラリア、フィリピンなどで最も多い外国人旅行者となった。

02年から17年までの間の中国公民のパスポート発行数は1億7300万冊に達し、平均すると年間1080万冊発行している。旅券所持者は人口の約10%となった。
香港、マカオ、台湾への行った旅行者数を除くと、18年の海外旅行者数は約7125万人で、海外旅行へ行った人は100人当たり5人にも満たない。 

18年は1200億ドル(約13兆3200億円)を海外で消費しており、海外での1人平均支出額は約800ドル(約8万9000円)になるという。
中国の旅行大手・携程を通して海外旅行へ出かけた人の平均消費額は5500元(約9万円)で、昨年同期比でほぼ同じ水準だった。 

中国人に人気の海外旅行先トップ20は、タイ、日本、ベトナム、シンガポール、インドネシア、マレーシア、米国、カンボジア、ロシア、フィリピン、オーストラリア、イタリア、アラブ首長国連邦、トルコ、英国、モルディブ、フランス、ドイツ、スペイン、スリランカだった。