訪日外国人に人気の東京のランキング グルメはもんじゃ焼、上野アメ横のお店が総合1位!

訪日外国人に人気の施設や店舗ランキング「LIVE JAPAN Awards 2019」発表。上野アメ横のお店が総合1位に

(やまとごころ 2019.04.18)
訪日外国人から人気がある東京のランキングによると、グルメ部門は、浅草の名物料理もんじゃ焼「つる次郎」、体験部門は、浴衣で夜景とを楽しむ「東京湾納涼船」、小売ショッピング部門はアメ横の「二木の菓子店」、観光部門は「新宿御苑」だった。
着物を着て記念撮影ができる需要は高く、それプラスのものが求められている。
日本人が提供しようとするものと、訪日外国人が求めているものとにギャップがあると感じる。
【ポイント】
訪日外国人向けに観光情報サービスを提供する「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」が、今年4月に3周年を迎えた記念として、訪日外国人から人気があった施設や店舗を選出する「LIVE JAPAN Awards 2019」を開催した。
2018年4月から2019年3月までのアクセス数から5部門に分けてランキングしたもの。
グルメ部門は「浅草 つる次郎」が1位に。浅草の名物料理もんじゃ焼きの他、熟成肉ステーキや無農薬有機野菜など、メニューのバラエティに富んでいるのが魅力。
体験部門に関しては、東京と伊豆諸島などを船で結び、浴衣で東京の夜景と日本の季節情緒を楽しむ「東京湾納涼船」を夏に運行している「東海汽船株式会社」が1位に選ばれた。

ショッピング部門(大型商業施設)では「西武渋谷店」が1位となった。ファッションからアートまで展開し、約30の人気化粧品ブランドが揃うところも人気だ。
小売ショッピング施設部門の1位は上野アメ横の「二木の菓子一号店」で、全部門の中で最もアクセス数が高い「総合賞」も合わせて受賞した。新商品もいち早く入荷し、まとめ買いでお買い得になるシステムが特徴だ。

観光部門の1位は「新宿御苑」は日本で珍しい風景式庭園。約1100本の桜の花見や秋の紅葉など、都心で自然に親しめ、また抹茶と和菓子が楽しめる茶室もあるところが魅力で1位になった。
3年連続で上位に入ると贈られ殿堂入り部門は「板前寿司」が受賞した。本マグロにこだわる名店で、着物などを着て記念撮影ができるなど、日本を体験できるのも人気を集めている。