観光庁が発表した2019年2月、3月の宿泊旅行統計調査  日本人、外国人とも増加!

観光庁が発表した2019年2月、3月の宿泊旅行統計調査
(観光庁 平成31年4月26日)

https://www.mlit.go.jp/common/001287500.pdf

2019年の宿泊旅行統計調査によると、全体で2月は3,982万人泊(前年比+8.3%)、3月は4,739万人泊(同+11.0%)。日本人は2月に3,155万人(同+5.9%)、3月に3,883万人(同+8.1%)、外国人は2月827万人泊(同+18.8%)、3月は856万人(同+26.3%)と、日本人・外国人ともに増加した。
客室稼働率は全体で2月61.0%、3月61.9%。東京都が80.3%と最も高く、2位は大阪79.4%だった。
大阪は、リゾートホテル94.8%(1位)、シティーホテル87.4%(3位)、ビジネスホテル79.2%(8位)となり、簡易宿所は60.8%(東京49.7%)と全国でも群を抜いて多い。それに引き換え旅館は32.6%(31位)で、旅館は地方に強く、都市部は苦戦を強いられている。
【ポイント】
観光庁が発表した宿泊旅行統計調査 (平成31年2月・第2次速報、平成31年3月・第1次速報)
延べ宿泊者数
○平成31年2月の延べ宿泊者数(全体)は、3,982万人泊で、前年同月比+8.3%であった。また、3月の延べ宿泊者数(全体)は4,739万人泊で、前年同月比+11.0%であった。
○日本人延べ宿泊者数は、2月は、3,155万人泊、前年同月比+5.9 %であり、 2月としては調査開始以来の最高値であった。また、3月は前年同月比+8.1%であった。
○外国人延べ宿泊者数は、2月は、827万人泊、前年同月比+18.8%であり、2月としては調査開始以来の最高値であった。また、3月は前年同月比+26.3%であった。
客室稼働率
○平成31年2月の客室稼働率は全体で61.0%であった。また、3月は全体で61.9%であった。
○平成31年2月に客室稼働率が80%を超えた都道府県は、リゾートホテル2箇所(平成30年2月: 2箇所)、ビジネスホテル7箇所(前年同月:7箇所)、シティホテル8箇所(前年同月:12箇所)であった。
○全体の稼働率では、東京都が80.3%と全国で最も高い値であった。