訪日外国人消費額3兆6189億円で過去最高 1人あたり旅行支出5.2%増の16万5000円!

訪日外国人消費額が過去最高に、韓国は32%減、1人あたり旅行支出トップはフランスに
 -観光庁7~9月(速報)
(トラベルボイス 2019年10月21日)
 
2019年1~9月の訪日外国人旅行消費額の累計は、3兆6189億円で、過去最高となった。
7~9月は、中国5051億円と構成比42.1%、台湾1386億円(同11.6%)、韓国915億円(同7.6%)と続いた。韓国は前年同期比32.4%減と大きく割り込んだようだ。
買い物代が3956億円(33%)と最も多く、訪日外国人1人あたりの旅行支出は16万5000円(5.2%増)だという。
 
【ポイント】
2019年7~9月の訪日外国人旅行消費額は前年同期比9%増の1兆2000億円だった。
1~9月累計は3兆6189億円で、過去最高額となった。

7~9月は、中国が5051億円と構成比42.1%で最も大きく、台湾1386億円(同11.6%)、韓国915億円(同7.6%)、香港855億円(同7.1%)、米国788億円(同6.6%)と続いた。
ただ、前年同期との比較では韓国が32.4%減と大きく割り込んでいる。
費用別では、買い物代が33%の3956億円と最も多く、宿泊費が3608億円、飲食費が2649億円となった。

訪日外国人1人あたりの旅行支出は5.2%増の16万5000円。
国籍・地域別にみると、フランス25万2000円、スペイン22万7000円、オーストラリア21万5000円の順で高くなっている。
なかでも宿泊費は欧米豪で高い傾向でみられ、フランスは10万6000円と突出して高かった。