「ペットを旅先に連れて行けるなら旅行をより満喫できる」が世界全体で51%!

11月22日は「ペットたちに感謝する日」2020年トレンド予測「ペットと一緒な旅」についての調査結果!

(PRTIMES   2019年11月22日)
11月22日「ペットたちに感謝する日」だったのですね…
「ペットを旅先に連れて行けるなら旅行をより満喫できる」が世界全体で51%、日本では38%。「家族の一員としてペットを扱っている」が世界で72%、日本では67%だという。
ペットを飼っている人が増加しているが、ペットを伴った旅行のニーズがこれほど高いことに改めて驚く。
【ポイント】
ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社が「ペットと一緒の旅行」の調査結果を発表した。
(https://travelpredictions2020.com/japan/)
世界的にペットの飼い主の72%(日本:67%)がペットを家族の一員として見ており、51%(日本:38%)は「ペットを旅先に連れて行けるなら旅行をより満喫できる」と回答した。
この結果から、2020年には世界中のペットの飼い主がペットを旅の優先事項として意識して、共に旅を楽しんでいくことが予想されるという。また、ペットの飼い主の42%(日本:31%)は、「2020年はペットを連れていけるかどうかで旅行先を選ぶだろう」と答えた。
ペットに配慮した宿泊施設に泊まりたいという需要に応えるには、世界中のペット歓迎の宿泊施設が人とペットの両方にとって居心地の良い環境を整えていくことがさらに重要になる。さらに、飼い主の50%(日本:35%)が「ペットとの海外旅行に関して、明確で質の高い情報が不足している」と回答。飼い主たちのニーズに応えるべく、2020年は様々なペット用の設備や設備を宿泊施設が提供されていくことになると見られる。
ペットと一緒に楽しめる旅に望むものトップ5
• ペットが走り回って遊べるスペース – 39%(日本:34%)
• 獣医によるサポート – 31%(日本:22%)
• フレンドリーで温かい雰囲気の環境 – 26%(日本:22%)
• ペットも楽しめるアクティビティ – 21%(日本:24%)
• ペットシッターやお散歩サービス – 19%(日本:16%)
日本では「ペットも楽しめるアクティビティ」を求める旅行者が世界よりも高い結果となった。

ブッキング・ドットコムでは、ペットと一緒に泊まれる宿泊施設も選択できるという。

ブッキング・ドットコムについて
1996年にアムステルダムにて設立。「すべての人に、世界をより身近に体験できる自由を」を企業理念に掲げ、世界中のお客様に思い出に残る体験や効率の良い移動手段、そしてホテルからバケーションレンタルに至るまで多種多様な宿泊施設への予約をワンストップで提供している。
世界最大の宿泊施設数を誇り、リスティング数は2,900万件以上。そのうち620万件以上が旅館や民泊など。