ネット利用は「スマホ」がメイン、50・60代もスマホ利用が拡大!

ネット利用、全世代で「スマホ」がメインに、50・60代もPCを上回る、主要ECでのスマホのみ利用は7割 – ニールセン調査(2019年第2四半期)

(トラベルボイス 2019年11月27日)
https://www.travelvoice.jp/20191127-141946
スマホからの月間ネット利用者数は7078万人と約60%になる。
50代と60代のスマホ利用率は2015年と比較して大きく上昇。50歳代で30%台だったものが73%に、60歳代は49%に伸びている。
アマゾンの利用者はスマホの利用者が15%増で3465万人、楽天市場の利用者は13%増で3605万人となり、スマホのみの利用が大きく伸びているようだ。
【ポイント】
ニールセンデジタルの2019年上半期の「スマートフォンやPCの利用実態」を調査した。

2019年第2四半期ベースでみると、スマートフォンからの月間ネット利用者数は前年同期比5%増の7078万人。全体的に増加率が鈍化傾向にある一方で、50代と60代のスマホ利用率は2015年と比較して大きく上昇。全世代でスマホがネット利用のメインデバイスになったことが明らかになっている。
 
また、主要ECサービスの利用デバイスは、スマホのみで利用する人が13~15%増加し、アマゾンでは約7割の3465万人、楽天市場では約8割の3605万人に至った。それに比べてパソコンからの利用者は3~4%増にとどまったほか、パソコンとスマホ両方を利用するユーザー数は減少傾向を示した。
この調査は、ニールセン インターネット基礎調査、PC版インターネット視聴率情報ニールセン ネットビュー、スマートフォン視聴率情報ニールセン モバイル ネットビュー、ニールセン デジタルコンテンツ視聴率のデータに基づいたもの。