ナビタイムの2019年検索スポット 訪日客に人気のスポットに日本人も!

ナビタイムジャパンが「2019ナビタイム スポット検索ランキング」を発表、訪日客の1位スポットは?

(やまとごころ 2019年12月20日)
 
 
2019年ナビタイムの日本人の検索スポットは、「伊勢神宮内宮」が初の1位き、令和への改元が要因となり神社仏閣のランクが急上昇したという。
外国人の検索スポットでは、1位は「大阪城天守閣」、2位「金閣寺」、3位「奈良公園」となった。
外国人に人気のスポットが、日本人の人気スポットになっているのが興味深い。
【ポイント】
「2019ナビタイム スポット検索ランキング」によると、日本人の「目的地検索スポット」では、昨年2位から上昇した「伊勢神宮内宮」が初の1位に輝いた。全体的に神社仏閣のランク急上昇が目立ち、これは平成から令和への改元が要因と考えられる。
2位は千葉県「幕張メッセ」、3位が大阪府「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」となった。
また、外国人に人気と認識されているスポットでは、京都府「伏見稲荷神社」が29位から11位に、奈良県「奈良公園」が65位から37位など、昨年と比べて大きく順位をあげた。
訪日外国人観光客に人気となったスポットを訪れる日本人が増えていることが伺える。

「外国人観光客に人気のスポットトップ20」で1位になったのは、昨年に続いて大阪府「大阪城天守閣」。大阪城は無料Wi-Fiスポットが充実しており、戦国武将の兜の試着ができるなど気軽な日本体験ができることも人気の要因とみられる。
2位は京都府「金閣寺」、3位は奈良県「奈良公園」で、いずれも昨年より順位を上げてきた。
他に20位以内で昨年から上昇したのは、京都府「伏見稲荷大社」、大阪府「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」、京都府「錦市場」、大阪府「黒門市場」で、市場の上昇も目立っている。